ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

官邸ドローン犯人 元自衛官の経歴を掘り下げることが必要

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 首相官邸に小型無人機「ドローン」を落下させ、警察に出頭・威力業務妨害容疑で逮捕された山本泰雄・容疑者(40)について、大新聞・テレビは「反原発思想に染まった40代の無職」という人物像を連日報じた。犯人は元自衛官という経歴を持ち、政府の進める政策の矛盾や問題点を漫画で表現していたが、大メディアはほとんど触れなかった。

 山本容疑者が描いたとする漫画からは、政府の政策への憤りが読み取れる。『ハローワーカー』という作品の舞台は、〈老人駆除法〉が成立した日本だ。主人公の若者がハローワークで“国家公務員”にならないかとスカウトされ、“法”に基づいて老人を殺害していくという設定である。

 作中では厚生労働省幹部の男性がこんな台詞を笑顔で口にする。

〈失業者を雇用し 高齢者を駆除させる 高齢者にかかる年金・医療・福祉費用を大幅に削減し 出産・育児・教育に活用する 「老人駆除法」は我が厚生労働省が導き出した年金・雇用・少子高齢化などを一挙に解決できる特効薬…〉

 漫画は犯行の動機や背景を読み解くうえで重要な要素だったと、五野井郁夫・高千穂大学経営学部准教授(国際政治学)が解説する。

「彼の漫画を読むと、元自衛官だったことをもっと掘り下げて考えるべきだとわかります。作品の描写を読み込んでいくと、『人間を殺傷するためにはどのくらいの刃渡りの凶器が最も効果的か』であるとか、自衛隊で学んだ戦闘知識、情報分析能力などが反映されていることがわかります。

 山本容疑者のような元自衛官が日本には大量にいる。大量採用・退職の組織である自衛隊の中で、除隊した隊員のケアがどれだけされているのか。米国では戦場帰還兵の心のケアが重要な問題ですが、自衛隊ではそれが十分といえるのか。自衛隊で訓練された人が今回のような事件を企図したことは、もっと重く受け止めるべきです」

 さらにいえば、「老人駆除部隊」の“活躍”が描かれる作品からは、軍事力・警察力を独占する国家権力が暴走することへの反感が読み取れる。自衛官としての経験がそうした問題意識を生み、犯行につながったのか、もっと議論を深めなければならなかったはずだ。

※週刊ポスト2015年5月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
イラクで活躍「ヒゲの隊長」 震災後の自衛隊の活躍を報告
女性自衛官1.2万人 ヘアカラーやネイルはどこまで許される?
元防衛官僚が安倍政権の安全保障政策の問題点について語る本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP