体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心理療法士が説く「 仏教から学べる6つの愛」

150427_love-buddhist

慌ただしい生活に追われ、自分の心に素直に向き合う余裕なんてまったくない。そして、気づかぬうちに、家族や恋人とのコミュニケーションも上手くいかなくなってしまうことも。

そんな人に是非読んでもらいたいのが、サンフランシスコで心理療法士として働くTina Fossellaさんによるこの記事です。心理学的観点に仏教の精神性を融合させた「愛の本質」です。

shutterstock_192364898

仏教の教えの中には、私たちが思いやりのある人間になるために心に留めておきたいエッセンスが満載です。

「思いやり」言い換えれば慈悲をもって相手に接することには、以下の3つの側面があると考えられます。「ぬくもり」「開放感」「知識」。これらは感情と実際の行動との、ふたつを隔てる意識でもあります。慈悲を持ち合わせるためには自身のエネルギーと、直感と、モチベーションの質を上げ、あなたの明るさや、安らぎ、優しさを集約して思いやりへとつなげる必要があります。

shutterstock_151153367

それにはまず、あなた自身が親切心を感じ得なければ始まりません。愛する人が困難に直面し、道に迷うような時こそ、あなたの親切心が役立つとき。何よりも大切なことは、どんな状況においても愛する人を受け入れるということ。

あなたの心をより広く、開いていくために人生で起こるすべてのことから学びを得るという、仏教的視点から見た「6つの愛の示し方」を紹介します。

01.
私欲を捨てる
「寛大さ」

shutterstock_224440477

寛大さとは、無私無欲の上にあるものです。それを「誰が与えてくれる」のか、「何を与えてくれる」のか、「誰が受け取る」のかといった考えは捨てること。これをしてあげたら、何が自分に返ってくるのか…、そうした私欲に走らずに行動することが、寛大さの本質です。

難しく考える必要はありません。例えば、散らかった部屋を掃除する、特別なご飯をつくる、素敵なデートを計画するといった、普段の生活の中からでも実践できるはず。もちろん、感謝や尊敬、愛情を言葉で表すことも大切。照れくさい気持ちは置いておいて、心のこもった「ありがとう」を心掛けてみましょう。
とかく男女の関係は、駆け引きに陥ってしまいがち。でも、それでは結局、お互いの幸せが遠のいていくばかりです。

自分のエゴや正しいと信じているものを、いったん忘れてみるのも寛大さのひとつです。主張を押し通して相手を言い負かすのは、確かに優越感に浸れます。でも、人間関係に優越感なんて必要ないのでは。
間違いを正すことも必要ですが、エゴからくる自己主張は止めましょう。その代りにパートナーの話をよく聞いてみてください。仕事や健康、人間関係や金銭問題。解決したり、自分の意見を言うのではなく、まずは聞いてあげること。そして、どうしたらサポートできるかをふたりで考えていくことです。

02.
自分の感情に語りかける
「規律」

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。