体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原宿の街を巻き込んだ「ハラカワ」、今年も大盛況にて閉幕!

原宿の街を巻き込んだ「ハラカワ」、今年も大盛況にて閉幕!

5月9日(土)・10日(日)の2日間にわたって開催された、原宿の街全体を巻き込んだ原宿カルチャーの祭典「HARAJUKU KAWAii!! WEEK 2015」(以下、ハラカワ)。
今年は「終わらない、原宿ゴールデンウィーク」をテーマに、クエストホールやラフォーレミュージアム、アストロホール、そして原宿の街やショップでも様々な催し物が行われ、2日間でのべ29,700人を動員した。

原宿の街を巻き込んだ「ハラカワ」、今年も大盛況にて閉幕! 原宿の街を巻き込んだ「ハラカワ」、今年も大盛況にて閉幕!
 
両日、ラフォーレ原宿前には各会場への入場に必要なオリジナルトートバッグを求める行列が。
アストロホールでは、個性溢れる人気アーティストたちによるライブが息をつく間もなく展開され、一時入場規制がかかるほどの盛り上がりを魅せた。ラフォーレミュージアムでは、多種多様なブースやミニステージ、トークショーが展開され、特典会などファンと触れ合えるイベントも多数おこなわれた。

原宿の街を巻き込んだ「ハラカワ」、今年も大盛況にて閉幕! 原宿の街を巻き込んだ「ハラカワ」、今年も大盛況にて閉幕!
原宿の街を巻き込んだ「ハラカワ」、今年も大盛況にて閉幕! 原宿の街を巻き込んだ「ハラカワ」、今年も大盛況にて閉幕!
 
メイン会場となったクエストホールは、「HARAJUKU KAWAii!! KiDS」と題したキッズステージで幕を開け。「HARAJUKU KAWAii!!」ステージでは、人気ブランドや青文字系ファッション誌のファッションショー、トークショー、ライブなどが展開された。
誌面で活躍するモデルたちがステージに登場するとファンから歓声が上がり、トレンディエンジェル、8.6秒バズーカーらによるお笑いライブでは笑いが絶えないステージとなった。
さらにアーティストライブには、AKIRAやTEMPURA KIDZらが個性溢れるライブを披露し、フロアを湧かせた。2日目は初日とまた一味違い、同イベントのビジュアルも手掛けたクリエイターKASICOによるスペシャルステージやACOSによるコスプレステージなどもおこなわれた。そして、4月にメジャーデビューした三戸なつめの初となる原宿でのスペシャルライブがトリを飾り、出演者が勢揃いするグランドフィナーレを迎えた。

原宿の街を巻き込んだ「ハラカワ」、今年も大盛況にて閉幕! 原宿の街を巻き込んだ「ハラカワ」、今年も大盛況にて閉幕!
 
この原宿の街全体を使って開催された「HARAJUKU KAWAii!! WEEK 2015」では、会場以外でも100店舗以上のショップが参加する大型キャンペーン「バチコレ」やモデル来店イベント、スナップ撮影など様々な企画が原宿のいたるところでおこなわれた。

2日間とも「HARAJUKU KAWAii!!」のオフィシャルトートバックを手に持った人々が原宿の街に溢れ、まさに「終わらない、原宿ゴールデンウィーク」を体現するイベントとなった。
 
《Information》

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。