ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

7カ国語をマスターした男性が語った、外国語学習に必要な「5つのコツ」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外国語を覚えるための近道って?そんな疑問に答えてくれているのは、7カ国語を話すことができるというSid Efromovichさん。18歳になる頃には4カ国語を習得、さらにその後の3年間で新たに3カ国語を話せるようになったのだとか!

そんな彼が「TEDx Talks」で語ったのは、後半の3年間で試した学習のコツ。大きく分けると以下の5つのことが大切なのだとか。

01.頭の中にある常識を壊すこと
02.表記のルールを覚えること
03.間違いを指摘してくれる人を見つけること
04.独り言で練習する方法
05.学びたい言語が共通言語の友達を持つこと

ストレスもなく、難しくもなく、刺激的で楽しいものだったという彼の勉強法。参考にしてみては?

01.
頭の中にある
常識を壊す

言語習得で最も大切なことはまず”間違えること”にあります。どういうことかと言うと、最初は発音をマネすることから始まりますが、正しいのかどうかがわからず不安を感じてしまうことでしょう。なぜなら、これまで自分の頭の中にある言語のデータベースにはなかったものだからです。しかし、それが最も大事なことなんです。

データベースの外にあるものを感じるためには、ひたすら間違えて、違和感を感じることが大切。さらに、自分の頭の中にあるデーターベースの外に飛び出す感覚が大事です。例えば、「水」を英語でワーラーと言ってみることに近い感覚かもしれません。恥ずかしいからと自分の常識の中にある言葉で話さずに、現地の発音で語ることが重要です。

02.
表記のルールを覚えること

例えば、英語でTHOUGHとTHOUGHTは非常に似ていますが、意味は全く違うもの。そこで大切なのは、外国語の文字をバラバラに崩し表記のルールを知ることです。

ブラジルの硬貨「REAL」を多くの人がレアルと読みます。しかし、それでは意味が通じません。「REAL」はポルトガル語では「HEOU(ヘアウ)」と発音するからです。

そこで、なぜREALと書かれているのかを考えます。そこには表記のルールが存在しているため、それを分解して知っていくことでより多くの情報を知ることができるようになるんです。

03.
間違いを指摘してくれる人

3つ目に大事なのはしつこいくらいに間違いを指摘してくれる人を探すこと。そして、その人といい関係を築くこと。間違いを訂正することを悪いことと思わず、目標に向かって背中を押してくれ、どんどん間違えをさせてくれる人。先生でも友達でもいいので、そう言う人を身近に持つことが大切です。今はインターネットで簡単に探すことができますし。

04.
独り言で練習する方法

あとは練習していくだけ。その方法としてオススメなのは「シャワーの中で会話」すること。ちょっと変人に見られていたかもしれませんが…、いろんな会話パターンを1人でやってみることに大きな意味があります。

中国語で餃子の値引きに挑戦してみたり、ローマで一番美味しいピザ屋への近道を尋ねたり。これがとても楽しいんです。そして、この方法を試すことで何がどうわからないのかがハッキリします。しかもこの時、道を聞く側、聞かれる側、両者の会話を体験することになります。

それに、別にシャワー中じゃなくてもどこでもできるんです。電車の中や、歩いてる時、私はこれを何年も続けました。スポーツ選手もこれと同じことをやっています。具体的に頭の中に映像をイメージし、繰り替えすことが大切です。

05.
同じ言葉を学んでいる
友達を持つこと

これまではどうやって言葉を覚えていくかを説明してきましたが、今度は実際に使ってみる相手を捜してみましょう。そしてその際に、試してほしい方法があります。新しい言葉を積極的に使いたくなるようインセンティブを働かせるやり方です。

必要なのは、使用する言語がお互いにとって一番使いやすい言語であること。でなければ、他の使いやすい言語で話し始めてしまうでしょう。なので、2人の共通言語がお互いにとって学びたい言語である必要があります。インターネットで探すのもいいし、旅ができるならそれが最高です。

もうひとつ、最も楽しかった方法として紹介したいことがあります。以前働いていた職場には複数の言語を話すことができる言語学者がいました。私たちにとって、最も話しやすい言語は間違いなく英語で、その次がフランス語でした。でも、私たちはオフィスでドイツ語で話しあうようにしていたんです。

なぜなら、そのオフィスには、英語を話す人もフランス語を話す人も居ましたが、ドイツ語を話す人がいなかったから。私たちが週末の予定を話していても、周りには理解できない。公共の場で、プライバシーを保つことができたんです。これはとても楽しかった。

これまでの説明をまとめてみましょう。言葉の常識を破ること、表記のルールを知ること、間違いを指摘してもらうこと、練習すること、一緒に練習する相手を見つけること。

それができれば、ストレスや退屈などを感じることもなく、いろいろなことが可能になっていきます。言語を学ぶことで、新しい文化や知らなかったライフスタイル、そして何より自分自身をより深く知ることができるようになるでしょう。

千里の道も一歩から。でも、どう進めばいいのかはもうわかりましたよね?

※スピーチの内容は意訳しています。
Reference:TEDx Talks

関連記事リンク(外部サイト)

たったの10秒!簡単キュートな「みかんキャンドル」の作り方
殺人事件より、死亡率が高い「肥満」。料理人ジェイミー・オリバーが語る「食育の大切さ」
世界中で話題!心理学者による「20代へのメッセージ」に、幸せに生きるヒントがあった

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP