ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

社畜よ見習え!話題の「ブルース・リーのヌンチャクを完コピする5歳」はハードワーカーの鑑

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブルース・リーの映画「死亡遊戯」のヌンチャク・シーンを完全コピーするとんでもない日本の5歳児が登場し世界中で話題となっている。

https://youtu.be/pzXL-KM2UqU

リュウセイ君というこの5歳児、ネット上でも「ブルース・リーの生まれ変わり」などとありがちな論調で伝えられているが、子供がヌンチャクを上手に振り回して「まるでブルースリーみたい、かわいい!」とかと言う生ぬるいものじゃなくて完全に完コピしているという所。

プロフィールには「2014年の8月にヌンチャクの練習をスタート、蹴りとパンチの練習を今年2015年の1月より開始」と書いているので、ヌンチャクに限定しても僅か9ヶ月でこのレベルに達していることになる。これは間違いなく反復練習を繰り返し、映像上のブルース・リーの動きを丸暗記するという涙ぐましい努力の賜物である。

要は子供の頃、仮面ライダーやウルトラマンの変身ポーズを毎週繰り返し見て覚えた人も多いと思うが、そのさらに高度で細かい動きを取得している、その裏に潜む努力の大きさに圧倒されるのだ。これを大人に「9ヶ月でやってみろ」と言って世の大人が何人できるであろうか?たかがヌンチャク、されどヌンチャクである。

ネット上では「感動した!」「すげえ」「キレッキレやな」などと陳腐なコメントが並んでいるが、こうしている間もリュウセイ君はヌンチャクを振り回しているのだ!紛れもなく大人も見習うべきハードワーカーの鑑である。

関連記事リンク(外部サイト)

ライムスター、四半世紀を経て未だに全盛期!フェス『人間交差点2015』で君が生き証人
41歳・イチロー1号3ランにMLBファンが大絶賛の嵐 「生きる伝説」「まだまだ最高の選手」
若手芸人的親孝行の仕方。しかし、、裏目に出てしまった切ないエピソードをお話しします。
林修に学ぶ極意 「考えることはとっても楽しいこと」
萩本欽一に学ぶ極意「自分にできないことがあったら、一歩下がった所から練習すればいい」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP