ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

胸が苦しく号泣させる マンガ大賞受賞作『かくかくしかじか』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【マンガ紹介】『かくかくしかじか(5)』東村アキコ/集英社/802円

「マンガ大賞2015」受賞作。私も選考員として投票し、決定した時には「当然だ! 傑作だからな!」と(なぜか偉そうに)鼻息を荒くしておりました。

 少女マンガ家への第一歩として美大受験を目指し、地元の絵画教室を訪れた宮崎の高校生・明子が出会う熱血絵画講師・日高先生との思い出をつづった自伝です。

 作者の東村アキコは子育てマンガ『ママはテンパリスト』など周囲の人々を含め「自分のこと」を描くのを得意とする作家。けれど、日高先生はこれまで一度も登場していません。長く大切に寝かされてようやく形になったこの物語は、作者の個人的な体験にもかかわらず、読者それぞれの胸にある「取り戻せないあの頃」を刺激する、普遍的なものになっていました。

 日高先生が言い続けるのはただひとつ。〈描け〉。最終5巻で日高先生が放った〈描け〉(本欄で掲載したコマとは違うのですが)は、「私は絵を描く人間じゃないから関係ない」なんていいわけを許さないほどに強くて、目の前のことをやり続けるしかないという普遍的なメッセージとして、ビームのように私の眉間に突き刺さりました(本当に目がチカチカした)。

 実は最終巻発売後、すぐには本を開けず…。連載で最終回を読み、この巻がどれだけ胸を苦しくするかを知っていたからです。意を決して1巻から読み返すと、やっぱり胸が苦しくて、知っているのに号泣して、でも、ああ読んでよかった、と心から思ったのでした。

(文/門倉紫麻)

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジブリや藤子・Fなど全国「マンガ美術館」紹介するガイド書
マンガ家の熱い姿を描いたマンガ『HOPE』『BJ創作秘話』
チビ太のおでんなど漫画に登場する料理を多角的に分析した書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP