ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就活中の学生 「ベンチャー」という言葉を誤解する人が多い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 就活生はどのように企業を選べばいいのだろうか。思い込み、勘違いはしていないか。千葉商科大学国際教養学部専任講師の常見陽平氏が実例と企業選びのコツを紹介する。

 * * *
「いつやるの?今でしょ!」

 予備校・東進ハイスクールの現代文の名物講師、林修先生の言葉ですね。2013年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞も受賞しました。この年は、この他に、「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」も年間大賞に選ばれましたね。どれも今、言うと、少し恥ずかしいですが……。

 今回は、就活に関連して「今、その企業に行くべきなのか?行っていいのか?」「これから、その業界・企業で何が起こりそうなのか?」ということについて考えてみたいと思います。「一刻も早く内定が欲しい」と思うがゆえに、このことがあまりに無視されているのではないかと思うわけです。

 最初に言っておきますが、これは答のない話ではあります。複数のエピソード、視点を提示しつつ、徒然なるままに書き綴ることにしましょう。

■「そして、みんな同じ銀行になった」という話

「俺、一勧(第一勧業銀行)に行くことにした。富士(銀行)と迷ったけど、やっぱり行風が合っているな、って」

「俺も迷ったけど、結局、富士(銀行)にした。絶対にウチにきてくれって他の銀行にも口説かれたけどね」

 1997年に社会に出た私。学内ではよくこんな会話を聞いたものでした。結局、その後、同じ銀行(合併してみずほ銀行)になったのですけどね……。今の大学生は、おそらく企業説明会で初めて知る事実かもしれませんが。

 その頃から、「金融機関は再編が起こるだろう」ということは言われていましたが、これほど早く再編が進むとは思いませんでした。当時「都市銀行(通称都銀)」と呼ばれていた銀行は3メガバンク+αになりました。都市銀行のひとつだった北海道拓殖銀行は経営破綻しました。

 銀行に限らず、この約20年で業界の再編は進みましたよね。合併、経営統合などの他にも、事業の売却、切り離しが行われた例などもありますよね。

 同じ会社で定年まで勤めたいという志向の学生はここ数年、増加傾向ですが、別に早期離職しなくても、気づいたら企業が変化していったということがあり得るということを覚えておいてください。

■そのベンチャー企業は、いまどれくらいベンチャーっぽいのか?

「先生、俺、ベンチャーに行きます。リクルートに行きます!」

「お前、バカか。とっくに大企業だろ」

 大学時代、履修していた講義でお世話になった経営学者米倉誠一郎先生に挨拶に言った時、私はそう言われました。懐かしいです。先生の言っていることはいちいち正しく、当時のリクルートは創業40年近くでしたし、従業員は3000名前後、営業利益も1000億円を超えていました(1兆円の借金があったので、その返済にまわされていたのですが)。私は、採用担当者や社員の話、イメージから「俺はベンチャーに行くんだ」と信じていたわけですが、冷静に数字を見るとベンチャーなワケがないのは明らかです。

 このような誤解をする学生をよく見受けます。「ベンチャー」という言葉に踊らされて、実態を見ていないわけです。「ベンチャー」と言っても、規模、資本構成、歴史によって全然違うわけです。

 ただ、採用広報上はもうかなりの規模になっていて歴史のある企業でも「ベンチャー」だと訴求するわけです。当然、創業して間もないころ、上場する前、その後では企業の状態も、任される仕事も違うわけです。当然、仕事の醍醐味も変わります。ベンチャーだと思い、大企業と違って、スピード感があって、大きな仕事を任されると思ったら、普通の大企業とあまり変わらなくてガッカリ、ということがよく起こるわけです(この大企業はスピードが遅い、任される仕事が小さいというのも大いなる誤解ですが)。

 そのベンチャーはどんなベンチャーなのかという視点を持って置きたいところです。

■まずは、業界と企業の歴史と、今後起こりそうなことを考えてみる

 では、どうすれば良いのか。昔の流行歌じゃないですがその業界や企業の「現在・過去・未来」を直視してみましょう。

 就活生が意外に読んでいない資料は、その業界や企業の歴史です。まずは、その業界の複数の企業のホームページで、各社の歴史を見てみましょう。すると、その業界全体と、各社の歴史がなんとなくは分かります。しかも、各社の違いなども明らかになってきます。採用担当者が煽るメッセージとのズレも明らかになっていきます。人気の業界や企業が、実はすでに成熟期、衰退期に入っているという事実が明らかになることもあるわけです。

 次に、IR情報のコーナーを見てみましょう。企業は5カ年計画など、中期経営計画をホームページなどで公開しています。これも複数の企業について読み比べると、業界で今後、起こりそうなこと、各社の違いがわかります。他に、業界地図のような本を読むと、業界全体を俯瞰できますし、これまでとこれからがわかります。

 これにより、いま、その業界と企業がどのステージにあるのか、今後起きそうなことをひと通り、把握はできます。

 最も、ビジネスの世界では今後、何が起こるかわかりません。業界をこえたM&Aなども起こっていくことでしょう。新興企業や老舗企業を買収するなどの動きも既に起こっています。突然、外資の傘下になることさえ、もちろんあります。

 何が起こってもおかしくない。それに対する覚悟が必要な時代です。まあ、不安もありますが、むしろ「その変化を楽しもう!」くらいの姿勢でいくと気が楽になりますよ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
円高の今、「最強国家」を創造するまたとないチャンスだ
2013年上場組 大企業を辞めてベンチャー起業した若手が多い
高橋真麻が幹事したフジ女子アナ合コン 起業家ら喜び参加

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP