ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

存亡危機・PL学園元球児が描くリアル野球漫画にライター感慨

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 注目の高校野球漫画が出版された。高校野球取材歴20年のフリーライター・神田憲行氏が胸を熱くする。

 * * *
 その漫画は「コミック モーニング」(講談社)連載中の「バトルスタディーズ」(なきぼくろ著、講談社)第1巻である。帯に「元PL球児が描く超リアル高校野球漫画!」とある通り、舞台は「超名門DL学園野球部」であり、作者の「なきぼくろ」氏は元PL学園野球部だった。

 単行本に紹介された作者のプロフィールを読んで、私はハッとなった。

《9番ライトで甲子園に出場。2回戦で福井商(福井)に敗退。2試合ノーヒットで最後の夏が終わる》

 手元の高校野球の資料をめくると、ぴったりプロフィールに合う学年と選手がいた。「あの学年の子か……」と思わずつぶやいた。

 ペンネームなので書いて良いのか迷ったが、プロフィールにここまで詳細に明らかにしていることから、作者にもなんらかの「覚悟」のようなものがあるのだろう。かつてPL学園野球部寮で、上級生による下級生への激しい暴行が行われた。作者はその被害者の学年である。事態が明るみになり、被害者の学年にもかかわらず長期の対外試合処分禁止の処分が高野連から下された。謹慎があけて、作者と同じ学年のある選手は、

「当時の寮は野球やってる雰囲気じゃなかったです」

 と、絞り出すような声で私の取材に答えている。

 あの選手の顔と、この漫画で描かれているどこかコミカルな世界のギャップに戸惑う。

 しかし単行本見返しにある、主人公・狩野笑太郞のプロフィールにふっと笑みがこぼれた。

《中1の夏、「延長17回の死闘」見て、高校野球の超名門DL学園に憧れる》

 これは1998年の横浜対PL学園の延長17回のことだ。あの試合は私も本を書いている。のちに横浜高校の選手を取材していたとき、私が作者と知らずに、

「延長17回の本を読んで、横浜に進学しました」

 と答えたのに心の中で思わずガッツポーズしたものだ。

 主人公には恐らく作者の気持ちが投影されいるだろう。そうか、作者もあの試合に心を動かされたのか。

 被害者が乗り越えたことを、他人が「君、大変やったやろ」というのはお節介だ。私はこの漫画を全力で応援したい。

 物語は主人公がDL学園の野球部寮に入るところから始まる。上級生から数々の「禁止事項」を言い渡されて、愕然とする主人公。

「1年生同士の私語は禁止」「女見るの禁止」「水は食事の時以外禁止」「笑顔禁止」

 練習でノドが乾いたときはトイレに行くフリして、貯水槽の水を飲んだらええんやでぇ、と実際にPLの選手から聞いたノウハウを伝授したくなる。

 1巻の終わりでは、3年生部員が練習試合で足で相手をかき回して2球で先制点を奪い、主人公を感激させる。

 あの長い謹慎処分のあと、作者たちの代が甲子園に挑戦するチャンスは3夏、3年生の最後の夏しか残されていなかった。彼らはそれを突破して夏の甲子園に出てきた。初戦、9対1でリードした9回表の場面で、隙を突いたベースランニングで10点目を陥れた。貪欲に点数を取る、最小限のヒットで最大限の得点を入れるというのがPL野球の本質だ。10点目のホームインした選手は私の取材にこういった。

「これがPLらしさです」

 記事には「復活の王者」という見出しが躍った。

 高校野球ファンならご存じの通り、PL学園野球部はいま存亡の危機に立たされている。しかし昔も今も「王者」という冠がつくのはこの野球部しかない。PL野球の魅力がたっぷりつまった漫画である。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高校野球トリビア 「私立の代表」一度も出場ない徳島県など
甲子園大会 本塁打数で清原和博1人に負けている富山県代表勢
高校野球“やくざ監督” 不祥事に「部全体で責任負うは×」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。