ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いいクリーニング店を見分けるコツ シミ抜きに前向きかどうか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 洗濯は洗濯機に任せておけばOKな、“ラク家事”と侮るなかれ! どんなに高性能な洗濯機を使っていても、使う側に正しい知識がなければ、色落ちや縮みといった、取り返しのつかない失敗の原因に。そこで、洗濯機での基本的な洗い方からシミ抜きのコツまで、“洗濯のプロ”の中のプロが指南。

 縦型、ドラム式、二槽式…洗濯機はどれがいいのだろうか。クリーニングのプロ、白栄舎クリーニングを経営するシミ抜き職人・宇井直樹さんのおすすめは二層式だ。

 洗浄力は変わらないが、それぞれにメリット、デメリットが。たとえば、ドラム式は少ない水で洗えるので節水に。また、洗濯物同士が絡みづらいので、生地も傷みにくいが、価格が少々高め。一方縦型は、洗濯物同士をこすり合わせて洗うので、泥などの固形の汚れが落ちやすい。半面、衣類が絡みやすく生地が傷みやすい。

「プロが使っているのは二槽式。洗濯&すすぎと脱水が同時にできるので大量の洗濯物を処理できますし、構造が簡単で壊れにくい。また、各工程を手動で設定できますから、衣服への負担が減らせて理想的といえます」。

 いいクリーニング店の見分け方は、シミ抜きに前向きかどうかで判断を。

 多くのクリーニング店の指導をしてきた宇井さんいわく、クリーニング店は技術力の差が激しく、失敗やクレームを恐れて、何もせずに返却する店も少なくないので、いい店を選ぶ目を持つことがかなり大切。判断の目安は、シミ抜きへの姿勢だという。

「よくあるのが、“洗濯表示”を見ただけで、『うちではできない』と即決する店や、ブランド品というだけで受け取りを拒む店。受け付けるときに、いつ・どうしてついたシミかなどを詳しく聞いて相談にのってくれ、失敗する可能性を示しながらも挑戦してくれるような店は、誠意があるといえます。また、色修正が行える店もおすすめです。品質以外にも、洋服や着物のことをよく知っていたり、いろいろなアドバイスをくれる店もいいと思います」。

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
洗濯新常識 洗濯表示うのみにしない、水洗い不可のものはない
おばあちゃんの知恵袋 色柄モノ洗濯は塩で下洗いし色落ち防ぐ
衣替えシーズン クリーニングのプロが教える自宅での洗濯テク

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。