ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石川遼の父「いい成績が残せない焦りから道具に逃げていた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 同年代のライバル・松山英樹がランキングで世界トップ10に入る健闘を見せている一方で、米ツアー3年目を迎えた石川遼は苦戦の日々が続いている。ザ・プレーヤーズ選手権(5月7~10日)の出場を決めたものの、ランキングはシード権圏外の143位(5月5日現在)。

 思うように活躍できない息子を、かつて帯同コーチとして“過保護”と批判されながらも寄り添ってきた父・勝美氏はどう見ているのか。これまでほとんど語ることのなかった複雑な胸中を吐露した。

「松山君と比べて苦戦していることは否定のしようがありません。ただ、松山君は凄いなと思っても、遼が自分を見失っていることはない。米ツアー挑戦3年目という中で、思ったようなゴルフができていないのは事実ですが、あくまでも自分との戦い。自分が考えている理想の位置から相当に遅れているという感覚じゃないですかね」

 父であり、コーチとして石川遼をトッププロに育て上げた勝美氏は、今の石川の心境をそう代弁する。

 米ツアー1年目は苦戦したが、2年目の2013~2014年度は3度のトップ10入りでシード権を確保し、今季の飛躍が期待されていた。しかし蓋を開ければ予選落ちが相次ぐなど、依然として苦境にさらされている。勝てない理由は何か。勝美氏はこう語る。

「両親が離婚の危機にあるとか、恋人とケンカして別れるとか、兄弟が非行に走るとか、ゴルフの障害となるような心配事は今の遼にはありません。“なんでこうなるんだろう”とか“こんなはずじゃなかった”といった愚痴もない。いい成績が残せないのは精神面が影響しているのではなく、単に技術が足りないのだと思います」

 技術不足は、心の迷いとなって表われている。石川は予選落ちが続いた今年2月、グリップエンド部分に重りが入ったカウンターバランスグリップをツアー会場のドライビングレンジでいきなり使い始めた。だが、思った成績が残せず、4月に通常のグリップに戻した。

 良いと思ったものはなんでも取り入れながら成長してきたのが石川のスタイルだったが、この時は本人も「うまくいかせよう、いかせようというのが空回りしている感じ」と反省を口にしている。

 そこには焦りが表われていたと勝美氏は見ている。

「カウンターバランスの使用は私が止めさせました。確かに道具を変えることで気分転換となり、一時的にスコアがよくなることもあるでしょう。しかし、みんなが使っているものならまだしも、誰も使っていない道具を使うのは気分だけの問題。私から見れば新しい道具を選んだのではなく、逃げたとしか思えなかった。

 遼からは月に3回ぐらい国際電話で相談がありますが、ほとんどが“パターを変えてみようと思う”“あのウエッジを試したい”といった内容です。技術不足を補うために様々な道具を試したいと思っているのかもしれないが、その“迷い”から抜け出すには技術を磨くしかない。

 例えば1メートルのパットを外すのは、単に10回に1回外してしまう程度の技術だから。道具の問題ではなく実力なんです。これまで遼には“心を強くするには練習しかない”と指導してきましたが、思うような成績が出せない焦りから道具に逃げたのだと思います」

 さらに今の石川の苦境は、これまでの日本人選手が米ツアーに跳ね返されてきた環境の問題でもないと勝美氏はいう。

「環境だけでいえば遼は恵まれている。日本人選手の最大の壁となる語学は問題がないし、米ツアーの若い選手に友達も多い。体調も万全です。一時悩んでいた腰痛も完治した。遼は“寝ているか、メシを食っているか、ゴルフをしている”といっています(笑い)。

 芝質が違う、戦う相手が強い、移動がハード、アウエーのギャラリーなど、すべて想定内。遼にとって米ツアーが想像以上の場所というわけではなかった。プロに転向する時にも、グリーンが速く、距離も長いといった不安材料がたくさんありながら、遼はこなしていった。練習さえ重ねれば、今回も乗り越えられると思っています」

※週刊ポスト2015年5月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松山英樹に差をつけられた石川遼 新シード権規定も追い打ち
恋人と別離報道も出た石川遼 「別れていません」と父が断言
石川遼の結婚スクープした記者に父・勝美氏が激怒した理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP