体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫カフェや猫グッズ販売も! 保護猫譲渡団体・東京キャットガーディアンで猫と触れ合ってきた

猫カフェや猫グッズ販売も! 保護猫譲渡団体・東京キャットガーディアンで猫と触れ合ってきた
 猫好きのオアシスといえば猫カフェ。豊島区大塚には少し変わった猫カフェ「NPO法人東京キャットガーディアン(TCG)」がある。ここは、動物愛護センターや民間から引き取られた保護猫たちが暮らす開放型猫シェルターで、利用時の寄付やいくつかの事業などで運営されている。メインのシェルターは大塚だが、府中市西国分寺にもシェルターをかまえている。実は記者もTCGから猫を譲渡してもらった経験があり、現在TCG卒の猫と一緒に生活している。今回久しぶりにシェルターへ足を運んできた。

 JR大塚駅から徒歩5分。ビルの1階にはリサイクルショップが入っている。このリサイクルショップでの売り上げも猫たちの支援になるのだ。この日、記者も使わなくなった種類の猫砂をリサイクルショップへ持っていった。

 また、最近では新たに「ブック募金」という支援方法も始まった。これは、読み終わった本やDVD、CD、ゲームソフトなどを「ブック募金」へ送ると、それらの売り上げがTCGへの寄付になるというもの。10冊以上で送料無料になるので、本の処分時に利用してもよさそうだ。

猫カフェや猫グッズ販売も! 保護猫譲渡団体・東京キャットガーディアンで猫と触れ合ってきた

 ビルの5階が猫カフェを兼ねた開放型猫シェルターとなっている。入場料を払わない代わりに、入り口の募金箱に好きな金額を寄付する仕組みだ。寄付をしたら手を消毒し、靴を脱いでスリッパに履き替えて入場。大きな声を出すと猫が驚いてしまうので、中での会話は図書館で話すくらいの声の大きさで。

 入り口を入ると、廊下が続いており、1階には3部屋のシェルター、2階は開けたカフェスペースとなっている。

猫カフェや猫グッズ販売も! 保護猫譲渡団体・東京キャットガーディアンで猫と触れ合ってきた

 廊下では「廊下ギャラリー」と呼ばれる、猫作家による作品の展示と販売が行われている。こちらの売り上げの一部も、猫シェルター運営の支援になる。

猫カフェや猫グッズ販売も! 保護猫譲渡団体・東京キャットガーディアンで猫と触れ合ってきた

 さて、猫たちに会いにそれぞれの部屋の中へ入ってみよう。扉を開ける際、猫が脱走してしまうこともあるので、扉はすばやく開け閉めする必要がある。荷物を前に持ち、扉の隙間を塞ぐような形で入るのがポイントだ。

猫カフェや猫グッズ販売も! 保護猫譲渡団体・東京キャットガーディアンで猫と触れ合ってきた

 室内ではかわいらしい猫たちが思い思いにくつろいでいる。

猫カフェや猫グッズ販売も! 保護猫譲渡団体・東京キャットガーディアンで猫と触れ合ってきた 猫カフェや猫グッズ販売も! 保護猫譲渡団体・東京キャットガーディアンで猫と触れ合ってきた 猫カフェや猫グッズ販売も! 保護猫譲渡団体・東京キャットガーディアンで猫と触れ合ってきた 猫カフェや猫グッズ販売も! 保護猫譲渡団体・東京キャットガーディアンで猫と触れ合ってきた
1 2 3次のページ
Scoopie Newsの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy