ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

悪いことは良い人をつくる。アクシデントをチャンスに変える人の「8つの習慣」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「悪いことは決まって良い人に起きる?」それは本当かどうかわかりませんが、ひとつ言えることは、悪いことは良い人をつくります。

生きていれば、良いことも悪いことも起こります。悪いことに直面してしまった時に、人の取る行動は大きく2つに分かれます。つらい、悲しいと落ち込み、忘れることにするか。または、経験を糧にして「もうあんな思いはしない」と、人生の教訓にするか。

Elite Daily」の女性ライターが「アクシデントをチャンスに変える人に共通する考え方」を綴っています。彼女のコラムから日本人の私たちでも頷ける内容を8つピックアップして紹介します。

Reference : Rocksana Rocksana 

01.
アクシデントは怖気させるものではなく
新しく学ばせてくれるもの

アクシデントに直面した時、一番楽な対応方法はすべて受け流してしまうことです。しかし、全力で立ち向かう人はそれをチャンスに変えます。ネガティブなエネルギーは取り込まないようにしながら、起きてしまった悪いことを教訓に変えて次に生かそうとします。

02.
どんなに冷たく拒否されても落ち込まない
むしろ感謝する

Reference : Martin Miranda Unsplash

大抵の人は誰かに拒否されたり薄い反応をされたりすると、悲しむものです。しかし、あなたの価値をわからない人に貴重な時間やエネルギーを使ったりするのは、勿体ないと思いませんか?あなたを気にかけない人のことを、気にかける必要なんてどこにもありません。むしろ、そういった人だということを早くにわかって感謝します。

03.
負けず嫌い
失敗をエネルギーに変えられる

失敗すると、「もうあきらめようかな」と考えるようになりがち。でも、それさえもモチベーションに変えて前進し、目標を成し遂げようとします。

04.
間違いは気にしない
むしろ学びの材料に変える

多くの人が過去の間違いを気にして「自分はなんてダメなやつなんだ」と落ち込みます。しかし、それを学びの材料とし、「二度とこんなことはしない」と経験値に変えることができれば、その失敗は次に活かせます。

05.
別れは、
「新しい出会いの始まり」

恋人と別れたり、親しい人が自分から離れてしまったりすると、この世の終わりが来たかのように思えてしまいます。でも、くよくよと自分を憐れんだりせず「別れは出会いの始まり」と考え、次のステップに向けて進みます。

06.
苦しみ=戦う価値のあるもの

大抵の人は不幸な状況やつらい経験の中に飲み込まれ、身動きが取れなくなってしまいます。そんな時こそ立ち上がり戦いましょう。踏み出す一歩は価値のあるものです。

07.
裏切られても、人を信じる
(これまでよりもっと)

信じていた人に裏切られるのは、とてもつらいことです。しかしそんな時こそ信頼することの大切さを再確認し、人を信じることが大切です。最初は難しいかもしれませんが、やり遂げてみてください。

08.
一人=孤独ではない
自分が誰かを知るための時間になる

Reference : by Picography

「一人でいるなんて寂しい、耐えられない」という人がいます。しかし、自分と言う人間の本質を理解するには、一人になってじっくり自分と向き合う時間が必要です。

そして自分を理解して初めて、他人も理解できるというもの。お互いを理解し合い共感しあえば、二人の絆は本物となりより深まっていきます。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

意外とやってる・・・寝る前に、ゼッタイにしない方がいい「10のコト」
幸せになるために。今すぐ追いかけるのをやめるべき「10のコト」
世界有数の特殊部隊ネイビーシールズ。6ヶ月間の過酷な訓練から学ぶ「人生で大切な10のコト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP