ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「女子アナ30歳定年説」を覆す日本テレビ鈴江奈々アナの活躍

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女子アナには、「30歳定年説」が囁かれている。若い頃は次から次へと仕事が舞い込むが、30歳を超えると、オファーが減少したり、結婚退社するケースも多い。実際、今春も、2人の人気アナウンサーが30歳前後で局を去っている。TBSのエースだった枡田絵理奈アナ(29)は昨年末に広島カープの堂林翔太と結婚し、退社。『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の司会を4年間務めた読売テレビの川田裕美アナ(31)も、「新しいステージで自分を試したい」と退社し、関東地区への進出を決意した。

 一方、フジテレビでは、カトパンこと加藤綾子アナが4月に30歳を迎えている。すでにその後継者の育成は始まっているようで、2年目の永島優美アナ(23)が昨年からカトパンと同じ『めざましテレビ』のキャスターに抜擢されている。八木亜希子アナ、小島奈津子アナ、高島彩アナ、生野陽子アナ、加藤綾子アナと、これまでエース級の女子アナがつないできた番組の軸に据えようとしているのだろう。テレビ局関係者が話す。

「たしかに、30歳を過ぎると、バラエティ番組には呼びづらくなりますね。20代のほうが芸人も突っ込みやすいし、ベテランよりもフレッシュな人材のほうが番組としても生かしやすい傾向はあります。

 それに、30歳前後で結婚する女子アナはすごく多い。すると、出産なども重なり、テレビから遠ざかってしまう。復帰したときに番組が空いているかといえば、そうは簡単にいかない。芸能界と同じ生存競争の激しい椅子取りゲームの世界ですから、当然といえば当然です」

 フジでは高島アナや中野美奈子アナといった2000年代のスターも、結婚後に退社。その後は、ゆったりとしたペースで仕事を進めている。

「20代で思う存分働いた自負もあるだろうし、30代になった彼女たちは、仕事よりも私生活を充実させたいと考えるでしょう。それまで馬車馬のように働いていたわけですからね」

 そのなかで、結婚、出産を経て、34歳になった今、20代の頃とは違う顔を見せて女子アナもいる。日本テレビで、月曜から木曜まで『news every.』の16時台のキャスターを務めている鈴江奈々アナだ。

 学生時代にミス慶應に輝いた彼女は、入社後に『スポーツうるぐす』などを担当。2007年には、葉山エレーヌアナや夏目三久アナとともに女子アナユニット『go!go!ガールズ』を組み、歌手デビューを果たし、写真集も発売したアイドルアナだった。

 一時期、日テレのアナウンサーが大量に退職したこともあり、鈴江アナは『NEWS ZERO』や『真相報道 バンキシャ!』を担当。2008年に結婚し、2013年に男児を出産。そのまま育児休暇に入ったことで、2つの番組を離れた。日テレ関係者が話す。

「他局だと、そのままアナウンサーとしてフェイドアウトしてしまうパターンも考えられますが、鈴江アナは実力が評価され、今度は『news every.』を任されました。日テレの場合、鈴江アナの前後の世代がゴソッと抜けていたり、産休に入っていたりする関係もありました。

 同番組が放映される平日の16時台は、主婦が主な視聴者層となっているのも大きい。鈴江アナが視聴者層と同世代であることもポイントでしょう。実際、同時間帯の報道番組のなかで、視聴率は断トツに良いですね。ほとんどの日で、倍以上の差をつけています。

 鈴江アナは、これまでの女子アナと違い、結婚、産休を経験し、30代になってもアナウンサーとして生き残れる見本になっている。若い頃にさまざまな経験をし、現場に出て取材した成果が今、現われているのではないでしょうか。そういう意味では、バラエティ番組ばかりでなく、局の事情があったとはいえ、20代のうちに報道番組を経験できたことが大きい」

「女子アナ30歳定年説」を覆しつつある鈴江アナの活躍。後輩アナの道しるべとなりそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
西山喜久恵 フジ開局以来最も貢献度高いアナとされ部長待遇
ミト会入り笹崎里菜アナ 鈴江・エレーヌアナもケアをと助言
日テレ復帰の夏目三久アナ 局低姿勢で先輩と接触させないか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP