ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国との関係深めるパキスタン 習氏の専用機を軍戦闘機が護衛

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)創設で、中国によるアジアのインフラ開発の本格化が予想されるなか、中国とパキスタンの関係がますます密接になっているようだ。

 中国の習近平国家主席が4月20日、パキスタンを訪れた際、習氏の専用機に従うように、8機の戦闘機が専用機を護衛していることが分かった。

 戦闘機はパキスタン空軍に所属する中国製の「殲10型機(J-10)」であり、習氏が乗る専用機が無事に飛行できるように、追尾しつつ、不審機が近づかないか、あるいは地上からロケットで狙われていないかを護衛しているのだ。

 パキスタンと中国国境付近は新疆ウイグル自治区やアフガニスタンなども近く、イスラム過激派の拠点にもなっており、極めて危険な区域のため、パキスタン軍が中国主席専用機の護衛役を果たしたのだ。

 習氏は2日間のパキスタン滞在中、同国のシャリフ首相やフセイン大統領と会談し、中国によるパキスタンの水力発電ダムなどのインフラ整備を目的とした大型投資で合意。当サイトでも報じたように、その際、同国で建設工事に従事する中国人労働者を守るために、パキスタン側が軍特殊部隊1万人を派遣することで一致するなど、パキスタンは、ここでも中国に恭順の意を示したことになる。

 中パ首脳会談では同自治区内の中国北西部とパキスタン南西部を結ぶ「中パ経済回廊」の沿線開発に中国が450億ドル(約5兆4000億円)を投融資することで合意している。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
3年間で8件 レーダー照射ほか中国軍の自衛隊への挑発事件
パキスタン 国内で従事の中国人労働者保護に軍1万人を派遣
パキスタン情報機関のドン「米国のビン・ラディン暗殺は嘘」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP