ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅行好きにオススメ!コインで削る“スクラッチ世界地図”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コンビニなどでもらう“くじ”や、ビンゴカードでよく見かける“スクラッチ”。

銀のシールをコインで削ると、下に隠れていた文字や絵柄があらわれるというこの特殊加工を利用したマップがおもしろい。

ロシア・モスクワにあるデザイン会社「Art. Lebedev Studio」が手掛けた「I Was Here scratch-off world map 2.0」は、地図の上をコインで削ると、下から色付けされた国と主要都市が現れるというユニークな世界地図。

旅行好きの方であれば、来訪した国が増えるたびに地図がカラフルに色付いていくので、征服欲が満たされそう!?

また各国の位置や首都名など、あらためて勉強するのも楽しそうだ。

「I Was Here scratch-off world map 2.0」は「Art. Lebedev Studio」のオンラインストアにて29.78ドル(日本円で約3500円)で販売中。

ちなみに地図上の国名はすべてロシア語で書かれているので、その点はご注意を。

今後はぜひ英語版も製作してもらいたいところだが、これを機にロシア語を習得するという手もあるかも!?

Art. Lebedev Studio(I Was Here scratch-off world map 2.0)
http://store.artlebedev.com/posters/i-was-here2/

デザイン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP