ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VAMPS、初の香港公演に4,000人のオーディエンスが大熱狂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

VAMPSが5月8日、中国・香港AsiaWorld-Expo Hallで初公演を敢行! 4,000人のオーディエンスを前に堂々のプレイを披露した。

モトリークルーのニッキ―・シックス率いるSIXX:A.M.の『SIXX:A.M. The Modern Vintage Tour』、『FORT ROCK FESTIVAL』、『Welcome To Rockville』、そしてニューヨークBest Buy Theaterで行われた自身のヘッドラインショー『VAMPS LIVE 2015 NY』と全米ツアーからつながる形での香港公演。「THE JOLLY ROGER」と「GET AWAY」のPVを収録した場所でもあることから、ハードスケジュールのなかこの公演を組み込むほど、思い入れのある香港で興奮の初ライヴとなった。

開演直前、地響きのようなオーディエンスの手拍子からスタート。「WORLD’S END」、「LIPS」、「REVOLUTION II」と立て続けに捲し立て、HYDEも興奮したオーディエンスに対して「Here we are! VAMPS is here!!」とステージから絶叫、さらにオーディエンスを煽る。

オープニングからの興奮と熱狂は止まる様子はなく、「VAMPIRE’S LOVE」、「BLOODSUCKERS」など抑揚の有る香港オリジナルのセットリストで全17曲を約2時間にわたり披露し、広東語のMCで香港のオーディエンスとの再会を約束し初の香港公演は幕を閉じた。

VAMPSはこの後、5月15日にオハイオで行われるロックフェス『ROCK ON THE RANGE 2015』に出演するために再びアメリカに移動。台湾でのライヴを経て、その後は日本に凱旋でのアリーナ・ショウ『VAMPS LIVE 2015 “BLOODSUCKERS” –FINAL- supported by uP!!!』を行い、ヨーロッパへと向かう。

photo by 田中和子(TANAKA KAZUKO)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
VAMPS オフィシャルHP
VAMPSが5月1日、ニューヨークでヘッドライン・ショウを開催

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP