ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

洗濯表示が2016年に一新 22種が41種に増え洗濯機マーク消滅

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年12月から“洗濯表示”が一新する。

「今の“洗濯表示”は1962年に制定された日本独自のもの。昨今の市場のグローバル化に向け、2016年から国際規格に整合した表示に変更することに。今後は表示の種類も22種から41種に増え、きめ細かいケアが自宅でもできるようになります」

 とは経済産業省の永田邦博さん。

 表示が変わり、数も増えると混乱しそうだが、来年12月から切り替わり、それまでは、古い表示と併用するなど、徐々に使われていく予定だ。猶予期間があるものの、まず覚えておきたいのは、洗濯機のマークがなくなること。

 現在の『手洗い』に似た記号が『水洗い可能』の意味に。

「シンプルな点や線での表現が多いので、規則性を覚えれば、わかりやすいと思います」(永田さん)

 具体的には5つ。漂白処理記号に酸素系が追加、水洗いOK、新たに追加となる「タンブル乾燥記号」、手洗いには「手」のイラストが入る、吊り干しは縦・平星は横線などだ。

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
洗濯新常識 洗濯表示うのみにしない、水洗い不可のものはない
汗の黄ばみ汚れ 40℃のお湯と濃い洗剤液に付け置くと落とせる
地図とともに日本各地の鉄道を紹介し地形や路線の歴史綴る本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP