ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

農家と消費者がモバイルでつながる、バーチャルなファーマーズマーケット「Barn2Door」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、米国では、地元で収穫された食材を好んで消費する地産地消が、ライフスタイルのひとつとして定着してきた。

このような消費者の変化に伴って、地元食材に対する需要が急速に拡大。米国農務省(USDA)によると、地域の農家が農産物を持ち寄り、消費者に直接販売するファーマーズマーケットの数は、全米で2008年から2014年までの6年間に76%も増えている。

・地元の農家と消費者をつなぐ、バーチャルなファーマーズマーケット

2015年3月、米シアトル市で、地元の農家と消費者を直接つなぐオンラインマーケットプレイス「Barn2Door」が開設された。

農家がモバイル端末を通じて、農産物をオンライン上に”陳列”し、地元の消費者らが購入できる仕組みを構築。とりわけ、販売チャネルやマーケティングチャネルが限られている小規模農家に適したプラットフォームとなっている。

・失敗から学び、“強み”へ集中

Barn2Doorの創業者で、最高経営責任者(CEO)を務めるJanelle Maiocco氏は、2013年2月から2015年2月までのおよそ2年間、米国の太平洋岸北西部を対象に、地元農家の生産物をオンライン販売する「Farmstr」を運営していたことでも知られているが、Farmstrでは、オンラインショッピング機能を担保するのみならず、実際の商品の物流や配達までを手がけたことから、事業の採算が合わず、撤退を余儀なくされたという。

Farmstrでの苦い経験から、Barn2Doorでは、モバイルテクノロジーを活用し、プラットフォームとしての機能の充実やユーザビリティの改善に集中。商品管理から注文処理、顧客マネジメントまでがオンライン上に実装されているため、農家は、モバイル端末さえあれば、いつでもどこからでも、販売業務を簡単にこなすことができる。

Barn2Doorは、現在ベータ版として展開しており、2015年夏には、正式にオープンする見込み。リアルな場が中心となっているファーマーズマーケットの分野でも、“モバイル・ファースト”のトレンドがやってくるかも!?

Barn2Door

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP