ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BIGBANGのカムバックシングルが5月27日に日本配信限定リリース決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BIGBANGが5月1日にリリースしたシングル「MADE SERIES [M]」収録曲の「LOSER」と「BAE BAE」が、MelOn、Mnet、Bugs!、Olleh Music、genieなど計10の韓国主要音楽配信チャートの1位・2位を総なめにし、3年ぶりに華々しく韓国音楽シーンに帰還した。このシングルがついに日本でも5月27日に配信限定リリースされることが発表された。

「MADE SERIES [M]」はカムバックプロジェクトの最初の文字である 「M」を冠したシングル。リリースと同時に公開となったMVもYouTube再生回数(7日21:00時点)で「LOSER」が1300万回突破、「BAE BAE」が1070万回超え、iTunesシングルチャートでも「LOSER」が香港、マカオ、マレーシア、シンガポールなど10ヶ国で首位を独占。さらにはアメリカビルボード「World Digital Songs」チャートで「LOSER」と「BAE BAE」が並んで1位、2位を獲得するなどグローバルな人気をみせ、韓国本国のみならず全世界から待ち望まれたカムバックであることを実証している。

この「MADE SERIES [M]」がついに日本でも5月27日に配信限定リリースされる。その収録楽曲は韓国オリジナルバージョンの「LOSER」、「BAE BAE」、そして各インストの2曲4トラックとなる。全世界で大人気を博しているこの2曲の5月27日配信リリースをBIGBANGファンのみならず、全音楽ファンに注目してもらいたい。

韓国本国のMADE SERIESは、第1弾となる「M」で幕を開け、以降4ヶ月にわたり毎月1日に 「M」「A」「D」「E」 というプロジェクトシングルをリリースし、そして9月1日にフルアルバム 『MADE』 を発表する予定となっている。

また、先だって発表となっているワールドツアーにおける日本ドーム公演「BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN」の開催も要注目だ。これは海外アーティスト史上初の3年連続日本ドームツアーとなるもので、11月12日(木)・13日(金)・14日(土)・15日(日)の東京ドーム公演4daysを皮切りに、11月20日(金)・21日(土)・22日(日)京セラドーム大阪公演、11月28日(土)・29日(日)福岡 ヤフオク!ドーム公演、12月5日(土)・6日(日)ナゴヤドーム公演、そして2016年1月9日(土)・10日(日)・11日(月・祝)京セラドーム大阪公演へと続き、全4都市14公演で70万1千人を動員予定。

2016年まで続くこのワールドツアーは、全世界15ヶ国70回の公演で約140万人動員という韓国アーティスト史上最大規模。開催地も韓国を始め日本、中国、東南アジアはもちろんアメリカや北ヨーロッパに至るまで、前回のワールドツアーに含まれなかった地域でも公演を予定している。こちらもリリースと併せてチェックしよう。

配信限定シングル「MADE SERIES [M]」
2015年5月27日配信
※日本国内配信限定リリース
<収録曲>
1. LOSER -KR Ver.-
2. BAE BAE -KR Ver.-
3. LOSER -Inst.-
4. BAE BAE -Inst.-

「LOSER」MV
https://youtu.be/1CTced9CMMk

「BAE BAE」MV
https://youtu.be/TKD03uPVD-Q

「BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN」
11月12日(木)  東京ドーム 
11月13日(金)  東京ドーム 
11月14日(土)  東京ドーム
11月15日(日)  東京ドーム 
11月20日(金)  京セラドーム大阪 
11月21日(土)  京セラドーム大阪 
11月22日(日)  京セラドーム大阪
11月28日(土)  福岡 ヤフオク!ドーム
11月29日(日)  福岡 ヤフオク!ドーム 
12月05日(土)  ナゴヤドーム 
12月06日(日)  ナゴヤドーム 
<2016年>
01月09日(土)  京セラドーム大阪 
01月10日(日)  京セラドーム大阪 
01月11日(月・祝)  京セラドーム大阪

ワールドツアートレーラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=VwV2I5tH4no

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
BIGBANG オフィシャルHP
BIGBANG、史上初となる3年連続日本ドームツアーの開催が決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP