ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大自然の中にある英国最古のローマ遺跡、ハドリアヌスの長城巡りを楽しもう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんは次の旅行を企画する時、どのようなことを旅の目的に据えますか?

歴史遺産を見に行きたい、のんびりとリラックスしたい、美味しいものを食べたい、壮大な自然の中を歩いてみたい、など。人ぞれぞれ、またその時に置かれている状況や興味により、旅の目的は様々です。ただ、1つの町・場所で複数の興味を満たすことは難しいことが多いでしょう。

でも折角海外に出かけるのであれば、たまには沢山のことを同時に満たしてくれる場所を探してみてはいかがでしょうか。

例えば、ヨーロッパの古代遺跡、壮大な自然景観、野生動物、人里離れた静かな場所、ネイチャーウォーキングやサイクリング、大自然の中でのアフタヌーンティーといったことなどに興味があるようでしたら、お薦めの場所が1つあります。それは、イングランド北部にあるハドリアヌスの長城です。

この長城は2000年近く前に起源を遡ります。122年、時のローマ帝国のハドリアヌス皇帝の命により、建設が始まりました。建設目的には学者間で諸説あるものの、「ローマ帝国の力を誇示し、他民族の侵入から防衛をするために建設された」という説が有力のようです。

この城壁は、スコットランドの国境に非常に近いイングランド北西部カーライルから、北東部のニューキャッスルにかけて、約117.5キロメートルもの長さにも及びました。おおよそ1万5000名の作業者により約16年という歳月で建設されたとのこと、ローマ帝国の偉業と言えます。

壁は、東の方面では幅3メートル×高さ5-6メートルの石を積み上げる形で作られ、西の方面では当初は土塁で作られ、後に石で再建されたとされています。場所によっては、6メートルほどの高さもあったとのこと。また1マイルごとに、見張りを置く要塞も建設されました。

こうして巨大な規模を誇る古代ローマ帝国が残した遺跡は、1987年に世界遺産として認定されており、かつイングリッシュ・ヘリテッジの保護対象となっています。

残念ながら、全ての城壁が綺麗に残っている訳ではありませんが、春から夏過ぎに掛けて、この城壁跡沿いを歩いたり、サイクリングをする人が多くいます。または城壁跡に沿って走っているカントリーバスを所々で乗り降りして、探索してみることもできます。

城壁自体もしかりですが、イングランドの大自然の中を散策し、時には牧場の牛・ヒツジに触れあったり、野生動物を見かけることもでき、現地でも人気のコースのようです。

ただこれだけの距離を1日で辿ることは難しいので、途中途中の大き目な町のB&B(ベッドアンドブレックファースト)に宿泊したり、散策途中で地元のカフェ巡りしながら、歴史を学びつつ、イングランド北部の自然を楽しむ旅としてみてもよいかもしれません。

また有名どころでは、バードオズワルド・ローマ要塞とその近辺に比較的長い距離の城壁が残っています。全ての城壁跡を見るのではなく、少し場所を絞って見学したい場合には、お薦めの場所です。

イギリス版の万里の長城とも言われるハドリアヌスの長城、季節のよい時期に訪れてみては如何でしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP