体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お互いの仲が深まるケンカのご作法

150508_kenka.jpg
ケンカをしないカップルはいないでしょう。もしいるとしたら、どちらかが我慢しているのかもしれません。
でも、大人な方がいつも引いていたらいつか爆発してしまうかも…。そう思うと怖いですよね。
ときには、カップルにはケンカも必要です。でも、ケンカが原因でお別れなんてしまったらもったいない。今回は、お互いが成長できるケンカの方法を紹介します。

人格否定は絶対しない

「そんな人だったんだ! 最低!」、「前からそういうところがイヤだったの!」など相手のそもそもの人格を否定するワードはNG。それを否定されてしまうと後でどんな弁解をされても許せなくなってしまいます。
それに、「あのときも、ああ言ってた」とあとあとまでしこりが残ります

ケンカを引きずらず、仲直り!

しばらく時間を置いてクールダウンして冷静になったら、素直に謝りましょう。ケンカの原因についてだけでなく、「あんなに怒ってごめんね」と勢いに任せて感情をぶつけたことに対しても謝りましょう。
そのあとは、引きずらず仲直り♡ ハグなどのスキンシップでコミュニケーションをとることで、いつものふたりの関係を早く取り戻しましょう。

直してほしいところは直接指摘しない

もし相手に直してほしいところがあったとき、ケンカの勢いに対しては謝ったあとすぐに「謝ったから、これは直してね!」とすぐに指摘しないで。これだと、謝った意味がなくなってしまいます。
直してほしいところは、数日後のほとぼりが冷めたあとに、「先輩の話なんだけど…」と人を引き合いに出して間接的に伝えるようにしましょう
男性はプライドがあるので、直接はっきり言われてしまうとなかなか素直に聞けないみたい。他人の話なら、反発せずに「自分はその人と同じことしてるかも…」と自発的に考えてくれます。
お互いが成長できるケンカの仕方で、仲をどんどん深めていきましょう。


(グリッティ)記事関連リンク
そろそろ…と考えているなら選んではいけない「結婚はまだまだ男」の特徴
本命になるためには、彼の趣味に「合わせすぎない」ことがカギ
シャイな彼なら、ちょこっとリードでデートはグッと楽しくなる♪

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy