ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あのエディー・マーフィが新曲MVを発表! ボブ・マーリー好きすぎるんじゃないかと話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あのエディー・マーフィが新曲MVを発表! ボブ・マーリー好きすぎるんじゃないかと話題に

『ビバリーヒルズ・コップ』や『ナッティ・プロフェッサー』などなど、多くのコメディ映画にてヒット作を持つトップ・スター、エディ・マーフィ。

俳優とともに長らく音楽活動も行なっているのだが、今春ニュー・シングルを発表したのだが、そのスタイルがこれまたルーツ・レゲエ!

楽曲のタイトルは「Oh Jah Jah」という、モロにラスタファリアニズム的なタイトルとなっており、ルーツ・レゲエとしての本気度が伝わってくる(ラスタの教えでは「Jah」とは神を指す)。これがまた、ボブ・マーリー好きなのか、楽曲がとにかくあのスタイル(具体的に言えばボブの1970年代後半)を忠実になぞったようなスタイルで話題になっている。

イントロからボブじみたスキャットを響かせるエディ、そして彼のバック・コーラスにはアイスリーズを思わせる女性コーラス。ああ、もうこれ、そうですね。もちろん歌い方など、声質は違うのだが、かなり”寄せて”きている。

ちなみエディ・マーフィとレゲエと言えば、意外に思うかもしれないが少し前にスヌープ・ドッグのレゲエ名義=スヌープ・ライオンとのコラボもあり、さらにたどっていくと1992年には、当時のダンスホール・レゲエのトップ、ラガ・ディージェイ、シャバ・ランクスとのコラボ「I Was A King」なんて曲も出している。

やはり彼、レゲエ好きなんでしょうね。
(河村)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。