ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大前研一氏 「若者は半年後に達成可能な具体的目標を持て」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「若者の○○離れ」といったニュースに象徴されるように、近年、若者の“低欲望化”がしばしば話題となっている。こうした現象について大前研一氏は、「若者たちがあまり欲をもたなくなっていること自体は、ある意味で合理的な選択だと思う」と一定の理解を示す。が、一方で「大志なき若者」を憂いている。若者はどう行動すれば良いのか? 『低欲望社会─「大志なき時代」の新・国富論』(小学館)を上梓した大前氏が、未曾有の難題への答えを解き明かす。

 * * *
 若者に大志を育てるにはどうすればよいのか。根本的な処方箋は、今の日本を覆っている“予定調和の怠惰な共産主義的社会”を変革していくしかない。

 その方法は、たとえば異質な人たち──移民や留学生をどんどん受け入れて競争を活発化させることだ。そうすれば、同質社会の中で弛緩した日本の若者たちの間に、今の自分の能力では食べていけない、もっと努力しなければ路頭に迷うという緊張感と危機感が生まれ、少しは競争心を抱くようになるはずだ。

 実際、大学の授業を英語で行なうようにしたフィンランドでは、ヨーロッパ中から学生が集まってきて競争が激しくなった結果、刺激を受けて起業する若者が急増し、経済が活性化している。

 また、拙著の中でも書いたが、日本には「かわいい子には旅をさせよ」という格言が昔からある。親が、学校、先生、塾というものに子供を全面委託するのをやめて、世界に送り出すくらいハングリーな教育に転換すべきだと思う。

 一方、若者が自分自身でやるべきことは、具体的で半年後に達成可能な目標を課して行動することだ。抽象的で誇大な目標は行動を生まない(=結果が伴わない)から無意味である。期間は3か月では短いし、1年では長すぎる。半年間そのことだけに集中して自分を追い込み、結果が出たら、その時点で次の目標を課して、また結果を出していく。人生というのは、それを積み重ねていった者が勝つのである。

 とにもかくにも、このまま「低欲望社会」が進行したら、“斜陽”日本は二度と立ち上がれなくなってしまうだろう。明治時代は輝ける欧州に、そして戦後は豊かなアメリカに「追いつき追い越せ」とやってきた日本が、中国の台頭を妬むかのような行動・発言を繰り返すのはみっともない。若者の「高欲望化」を促す取り組みからスタートして、再び日本全体が「大志」を共有する作業に取りかかることが急務である。

※週刊ポスト2015年5月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
Jポップの歌詞の分析を基にしながら今後の日本を考える社会論
消費や海外旅行せぬ「さとり世代」の61名と本音で語った本
石原都知事「日本人が欲に飲み込まれたのはアメリカのせい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。