ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名作『ガンバの冒険』が3Dアニメで復活! 構想15年の巨大プロジェクト

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『GAMBA ガンバと仲間たち』(画像は公式Webサイトのスクリーンショット)
斎藤惇夫さんの児童文学作品『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』が、映画『GAMBA ガンバと仲間たち』として、10月10日(土)から3DCGアニメーションとして上映されることが明らかになった。

『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』は、1975年に『ガンバの冒険』としてTVアニメ化もされた名作で、いまだに根強いファンを持つ人気作。「しっぽを立てろー!」という名言に、聞き覚えもある人も多いはず。

制作を手がけるのは、映画『STAND BY ME ドラえもん』などで、その3D表現によって高い評価を得ている映像制作会社・白組。YouTubeの東宝映画チャンネルでは、ティザー映像が公開されている。

再び、ガンバの冒険がはじまる!

『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』は、主人公・ガンバをはじめとした小さなネズミたちが、力を合わせて巨大な的に立ち向かっていく姿を描いた冒険物語。

1972年の刊行以来、TVアニメやミュージカル、劇場アニメなど、さまざまなメディア展開で人気を集めてきたが、今回がシリーズ史上初の3DCGアニメーション作品となる。

本作のエグゼクティブプロデューサーをつとめるのは、『スパイダーマン』や『アイアンマン』、『X-MEN』などのプロデューサーとして知られるアヴィ・アラッドさん。

また、TVドラマ『相棒』や『リーガル・ハイ』といった名作の脚本で知られる古沢良太さんが、初のアニメーション作品に挑戦するなど、国内外の有名クリエイター陣が集う。

構想15年総制作費20億円の巨大プロジェクトということで、最先端の映像技術で生まれ変わるガンバたちの新たな冒険に、大きな期待が寄せられる。

引用元

名作『ガンバの冒険』が3Dアニメで復活! 構想15年の巨大プロジェクト

関連記事

「STAND BY ME ドラえもん」3DCGで2014年夏公開 立体視アニメを山崎貴・八木竜一監督が
シドニア、ピンポン、アナ雪に妖怪ウォッチが候補! TAAF2015とは?
傑作映画50選! 新宿シネマカリテの上映企画「カリコレ2015」がすごい

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP