ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「リハトラ」「バミる」略語が存在する本当の意味

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「リハトラ」「バミる」略語が存在する本当の意味
J-WAVE平日(月〜木)昼の番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。5月7日のオンエアでは、音楽業界の略語を紹介しました。

音楽業界には、さまざまな「略語」があることをご存知でしょうか? たとえば下記のような略語が存在します。

■トラ
「エキストラ」の略。(例)ギターがインフルエンザで来れないから、トラを呼んだ。

■リハ
「リハーサル」の略。つまり練習のこと。リハーサルのエキストラは「リハトラ」となる。

■バミる
舞台用語で「場を見る」の略語。そこから転じて、ステージでも歌手の立ち位置、ミュージシャンの立ち位置に、あらかじめガムテープなどでマークをつけておくことをいう。暗いステージでも「バミられた」場所に立てば、しっかりとライトが当たる。

■バラシ
「撤収」「片付ける」の略語。(例)機材をバラす。

一見すると分かりにくいような略語。そもそもなぜ略語が存在するのでしょう。ナビゲーターの亀田誠治さんが回答しました。

「略語は、究極の『婉曲法』なんです。ズバって言うと、ちょっとまずい。もしくは角が立ったりする。そんな言葉を略して短くして伝える。言葉を暗号化して、意味をにじませているんですね」(亀田さん)

たとえば、「エキストラの●●です」と言うと固い印象ですが、「トラの●●です」と言ったほうが、とっつきやすいそうです。

「この暗号のような略語は、同じ職業についている人同士にしか通じません。つまり、使う言葉にスペシャリティを与えて、同じ現場で働いている感、同じ方向に向かっている感、つまり団結感を生み出しているんです」と亀田さん。「たくさんの人が関わる音楽業界はもちろん、どんな仕事にもこの略語が存在し、仕事の潤滑油になっていることは間違いないですね」とも。

略語は、ただ時間短縮のために略されただけでなく、仕事の潤滑油の役割を果たしていたとは、意外ですね。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。