ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シュワちゃんがこれまで演じた17キャラクターを6分間で一気に演じる!【動画】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トム・ハンクスの”自分のキャリア振り返り”が大反響を呼んだ米<CBS>の深夜トーク番組『ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン』に、アクション界のレジェンド、アーノルド・シュワルツェネッガーが降臨した!

https://youtu.be/tXmYdAm9Vjs

まずは1982年の主演作『コナン・ザ・グレート』。続いてボディビルダー時代のドキュメンタリー『アーノルド・シュワルツェネッガーの鋼鉄の男』(77年)。トレードマークのマッチョな筋肉は健在のようだ。

今度は近年の作品。「で、『エクスペンダブルズ』のどのシリーズに出るの?」というコーデンの問いに、「わかんないね。どれも見ていないし」と素っ気ない…。代表作『ターミネーター』では、名セリフ「I’ll be back.」を吐き、『ツインズ』ではまさかの歌声まで披露した。

そして『プレデター』では、黒子に徹するコーデンにまさかの放送禁止用語をお見舞い。だが『トータル・リコール』では逆に、コーデンに物まねされていた。ドイツ語なまりのセリフには「僕、そんな話し方じゃないはずなんだけど」と苦笑いするしかなく…。

最後は『ターミネーター2』。ここでも決め台詞の「Hasta la vista, Baby!」を披露し、約6分間のドタバタ劇は幕を閉じた。シュワちゃんもかなり楽しんでいたようだ。

本国アメリカでは、アビゲイル・ブレスリンと共演したスリラー『Maggie/マギー(原題)』が公開されたばかりのアーノルド・シュワルツェネッガー(日本公開は未定)。この7月11日(土)からは、待望の新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が日本公開される。

関連記事リンク(外部サイト)

Superfly、ニューAL発売記念のフリーライブを開催!
「私の現場にニセモノの銃はない」 マイケル・マン監督の銃撃戦の撮影が過酷すぎる
視聴率至上主義のTV業界裏に迫る J・ギレンホールが暴走&怪演!映画『ナイトクローラー』
シュワちゃん大喜び!5月25日は「ターミネーターの日」に制定、新宿で何かが起こる!
マクドナルドでエミネム級高速ラップで注文するバカ実験が面白すぎる【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP