ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

そろそろ…と考えているなら選んではいけない「結婚はまだまだ男」の特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫


男性は、結婚に対して意外と現実的。真剣に考えているからこそ、ひとりの女性を幸せにするなんてできない…と先延ばしにしがちです。
また、いまが楽しい場合、それを犠牲にして結婚するなんて考えられないのです。
今回は、結婚したいなら選んではいけない「結婚はまだ先」だと思っている男性の特徴をご紹介したいと思います。

何回も同棲経験がある

彼の同棲経験の有無は聞いておいたほうがベスト。いままで何回か同棲したことがあるのに、結婚にまで至っていないという事実は大きいです。
結婚への準備段階とも思える同棲を経験しておきながらも独身ということは、何か理由があるはずです。

趣味にお金をつぎ込んでいる

仕事も落ち着いて、お金も少し持ちはじめたときに趣味に走る男性は多いです。車や時計など、いままで買えなかったものが買えるよろこびは大人の特権です。
結婚したらできない遊びかたや買い物を楽しんでいる男性には、つけ入る隙がありません。現在は、結婚についてほんの少しも考えていないでしょう。

仕事大好き人間

男性の20代後半は、任される仕事の質が変わってきます。いまここで頑張らないと将来の成功を手にできない。そういった野心的な男性は、仕事のペースダウンになりそうな結婚という選択肢を選びません。
仕事で成功してから出会う女性のほうが、素敵な女性に違いないという幻想さえあります。
口では結婚すると言わせたところで意味はありません。男性の「口約束」を信じないほうが身のため。彼の周辺の結婚事情や、彼の仕事へのスタンスなども知っておくほうがいいでしょう。
婚期が遅れる前に、気になる彼に結婚する気があるのか見極めましょう!
Funny wedding image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
本命になるためには、彼の趣味に「合わせすぎない」ことがカギ
シャイな彼なら、ちょこっとリードでデートはグッと楽しくなる♪
手を見れば彼の本心がわかる! 無意識の仕草で簡単脈アリ診断♡

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP