ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザック・ブラウン・バンド 絶大な人気を誇るカントリー・バンドが米ビルボード・アルバム・チャート初登場1位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ザック・ブラウン・バンド 絶大な人気を誇るカントリー・バンドが米ビルボード・アルバム・チャート初登場1位に

 カントリー・バンド、ザック・ブラウン・バンドの6thアルバム『Jekyll and Hyde』が23万枚を獲得してNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 2010年の4thアルバム『ユー・ゲット・ワット・ユー・ギヴ』から3作連続でNo.1デビューを果たしているザック・ブラウン・バンド。本作もカントリー・チャート共に制覇し、UKでも2位デビューとその人気を不動のものにした。アルバムからの先行シングル「ホームグラウン」が50万ダウンロードを突破する大ヒットを記録し、立て続けにリリースされた2nd「ヘヴィ・イズ・ザ・ヘッド」、3rd「ラヴィング・ユー・イージー」もスマッシュヒットに、アルバムのプロモーションに大きく貢献した。

 彼らが注目されたのは、そのNo.1アルバム『ユー・ゲット・ワット・ユー・ギヴ』リリース翌年の【グラミー賞】で新人賞を獲得してからで、受賞後はアルバムのヒットはもちろん、ツアーも大盛況とカントリー界を代表するスーパーバンドに成長した。本作を引っさげたツアーもスタートしていて、5月以降11月まで30公演以上が予定されている。

 続いて、初動18万枚と高セールスを獲得して2位デビューを果たしたのは、ジョシュ・グローバンの『ステージズ』。デビュー15年目、通算7枚目のスタジオ・アルバムとなる本作まで、すべてのアルバムがTOP10入りを果たすという快挙を成し遂げている。アメリカだけでも600万枚を獲得した2ndアルバム『クローサー』からは、全作が初動10万枚突破していて、内3作が首位をマークしている。アイルランドやニュージーランドでもTOP10入り、UKではNo.1デビューを果たしている。ゲストには、出産後のケリー・クラークソンや、トランペット奏者のクリス・ボッティ等が参加。本作も充実した内容に仕上がっている。

 4位も、カントリー界からタイラー・ファーの2ndアルバム『Suffer In Peace』が初登場。2013年リリースのデビュー作が、いきなり5位に初登場と華々しいデビューを飾ったタイラー。本作でも2作連続のTOP5入り、カントリー・チャートでは連続の2位獲得となった。11曲と小粒ながらも非常にまとまりのある作品に仕上がっていて、カントリーアルバムらしい楽曲がたのしめる。初夏から夏にかけては、カントリー陣のアルバムが勢力をみせる時期でもあり、これから大物のアルバムが続々とリリースされることが予想される。

関連記事リンク(外部サイト)

5月16日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
5月16日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
アデルがジョージ・マイケル姿に男装しファンへ感謝!?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。