ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野際陽子に始まり中野美奈子まで 「女子アナの変遷」60年史

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1953年に始まった日本のテレビ放送。その5年後には女子アナの元祖といわれる野際陽子がNHKに入社するが、女子アナは男性アナウンサーをサポートする「陰の存在だった」。1970年代前半まで、女性アナウンサーは目立つ存在ではなかった。まだ女性の働く環境が整っておらず、例えば、フジテレビでは1972年まで女性社員は25歳が定年で、それ以上は臨時職員としての雇用だった。

 女性アナウンサーも仕事は「男性のサポート」が中心。1968年TBSに入社した見城美枝子は「プロデューサーに『アナウンサーは社員なんだからタレントさんとは領域が違うんだ』といわれました」と語っている。

 1976年には日本テレビの村上節子(当時39)が、「容姿が衰えテレビ映りが悪くなった」という理由で異動を命じられた。裁判で争って勝訴したが、結局その後は異動した。

 だが、1970年代半ばになると定年延長など女性の社会的地位が少しずつ向上し、1977年には民放キー局で11人の女性アナが採用された。

 女性アナの地位を向上させたのはフジの田丸美寿々だ。1978年に『FNNニュースレポート6:30』で逸見政孝アナとメインキャスター役に就任し、ハイジャック事件などの現場にも飛び回った。そして1980年代の女子アナ黄金期が生まれる──。

 1980年代に入り、女性アナが「女子アナ」と呼ばれるようになる。

 きっかけは、フジテレビの山村美智子と益田由美の2人だ。山村は『オレたちひょうきん族』で初代ひょうきんアナとして人気を集め、益田は『なるほど!ザ・ワールド』のレポーターとして世界中を飛び回った。

 2人は従来のアナウンサー像を覆し、バラエティ番組で体を張ってお茶の間の支持を得る。

「それまでタレントを起用していた場面でアナウンサーを使った。それが成功したことで、フジテレビは『女子アナは自社だけに出演するオリジナルのアイドル』というメリットに気づいたのです」(メディア文化論が専門の稲増龍夫・法政大教授)

 1985年に男女雇用機会均等法が成立すると、女子アナの採用、番組出演はさらに増える。1988年にはフジテレビの新人だった有賀さつき、河野景子、八木亜希子が「花の三人娘」としていきなり売り出され、2年目の中井美穂が『プロ野球ニュース』のメインキャスターに抜擢された。

「女子アナ」という鉱脈を見いだしたフジテレビは、1982年から12年連続で年間視聴率三冠王に輝き、黄金時代を迎えた。

 フジテレビの大成功を目の当たりにした日本テレビは開局40周年の1993年、永井美奈子、米森麻美、藪本雅子の局アナユニット「DORA」を結成しCDをリリース。同年の全日帯(6~24時)の視聴率でフジに並び、1994年はトップに躍り出た。

 他局でも多ジャンルに女子アナが進出していき、そのトレンドはNHKにまで広がった。久保純子はNHKでは異例の早さの3年目で東京アナウンス室に配属され、ニュース番組でスポーツなどを担当。国民的人気を博し、1998年に26歳の若さで『紅白歌合戦』の司会に抜擢された。

「1990年代の特徴は女子アナという職業が広く認知されるようになり、現在のようなブランド力を持った職種になったことでしょう」(稲増教授)

 かつて女人禁制だったスポーツの取材現場に女子アナが訪れるのも、当たり前となった。1990年代、スポーツを担当した福島弓子、木佐彩子、柴田倫世らはのちのメジャーリーガーと結婚。大学生にとっても女子アナは憧れの職業となり、採用試験では3000倍以上の競争力を勝ち抜かねばならなくなっていく。

 2000年代に入ると、平井理央などタレント活動していた女子大生が続々と入社。「アイドルが女子アナになる」という逆転現象が見られるようになった。

「1990年代までは局が新人を一から育て上げるという方針だったため、変に色の付いた子は敬遠された。ところが、視聴率争いを勝ち抜く即戦力が必要とされるようになったのです」(稲増教授)

 ミスキャンパスも続々と入社する。ミス慶應大学に選ばれた中野美奈子は「日本テレビではミス慶應といわず面接で落ちたので、フジテレビでは前面に押し出した」と採用試験を振り返っている。かくして女子アナのタレント化は加速していく。(文中敬称略)

※週刊ポスト2015年5月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
チノパン 背中のぱっくり開いた黒のドレス姿でセレブ感満載
戸部洋子&森本さやかアナの結婚披露宴“勝負服”2ショット
粒ぞろいの女子アナ達の中でも美しさ目立つ日テレ徳島えりか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP