ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フルーツの味がする魚⁉ くら寿司オリジナル国内魚『宇和島産みかんサーモン』『大分県産レモンひらまさ』を食べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

5月8日より、無添くら寿司がオリジナル国産魚『みかんサーモン』『レモンひらまさ』の握りを発売。“みかん”、“レモン”ってことは、フルーツみたいに甘かったり酸っぱかったりするお魚なんでしょうか⁉ 早速試食レビューいたしました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLよりご覧ください。
http://getnews.jp/archives/946908

今までの魚のイメージが変わる⁉ 『宇和島産みかんサーモン』『大分県産レモンひらまさ』

まず、『宇和島産みかんサーモン』は愛媛県宇和島で養殖されたフルーティフィッシュ。ギンザケを愛媛県産のみかん“伊予柑”の皮から抽出される“伊予柑オイル”を混ぜた餌で飼育することによって、魚肉にみかんの爽やかな風味をつけることに成功しました。伊予柑の皮は、『ポンジュース』で有名なえひめ飲料が、ジュースを作った際に出たものを使用したとのこと。これは『ポンジュース』好きも気になってたまらなくなりますね。
※『ポンジュース』には伊予柑は含まれません。

サーモンといえば、かなり脂っこい印象ですが、こちらの『宇和島産みかんサーモン』は違います。見た目もかなりみかんっぽい色ですが、味も「すごくみかん!」。みかんのように甘いのではなく、みかんの爽やかさ・フレッシュさが口の中いっぱいに広がり、かみしめると、サーモン本来のやさしい甘さが楽しめます。脂っこさ、魚臭さは一切なく、後味もさっぱり。普通のサーモンだと脂がおいしい分、口がくどくなるのでそう何個もいけませんが、このサーモンなら何個でもいけそうです。

お次に、『大分県産レモンひらまさ』。こちらは大分県で養殖されたフルーティフィッシュ。レモンの皮をそのまま餌に混ぜて飼育されました。脂ののったひらまさの旨味はそのままに、レモンの風味でさっぱり食べられるようになっています。

こちらも魚の臭みがまったくなく、ほのかに柑橘系の香りと酸味。ひらまさの脂の旨味を引き立たせ、食べ終わりを上品に締めくくってくれました。これまた何個でも食べてしまいそう。

双方のフルーティーフィッシュはともに貴重なお魚ということで、なくなり次第終了となります。お魚好きの方はぜひ普段の魚と食べ比べてみてください。生魚や魚が苦手な方も一度挑戦してみる価値ありです。今まで持っていた魚のイメージが変わりそうな二品でした。

商品名:宇和島産みかんサーモン
価格:1貫108円(税込み)
販売期間:5月8日(金)~なくなり次第終了

商品名:大分県産レモンひらまさ
価格:1貫216円(税込み)
販売期間:5月8日(金)~なくなり次第終了

極上ふぐフェアも同時開催中!


また、同日5月8日より、くら寿司では第4回『極上ふぐフェア』も開催中。なんと高級魚の代名詞、ふぐが最安216円(税込み)で食べられちゃうんです。提供されるのは国産のまふぐ。メニューも4種類あり、ふぐの淡泊で深みのある味ともっちりとした柔らさを存分に楽しめます。

そして、第4回目となる今回の目玉は、大手回転寿司チェーンでは初の試みとなる『てっさ(ふぐの刺身)』の販売。1皿421円(税込)と、かなりお手頃価格なので、憧れの一気食いも夢じゃない! 『てっさ』の販売は、10日までの3日間限定となりますので、『宇和島産みかんサーモン』『大分県産レモンひらまさ』と合わせて、週末はくら寿司で普段味わえないお魚を味わってみてはいかがでしょうか?

極上ふぐフェア
商品名:てっさ
価格:421円(税込み)
販売期間:5月8日(金)~5月10日(日)

商品名:ふぐ三種盛り
(内容:ふぐにぎり・焼きふぐにぎり・ふぐ皮湯引き軍艦)
価格:216円(税込み)
販売期間:5月8日(金)~5月14日(木)

商品名:あぶりふぐゆず塩
価格:216円(税込み)
販売期間:5月8日(金)~5月14日(木)

商品名:ふぐのから揚げ
価格:248円(税込み)
販売期間:5月8日(金)~5月14日(木)

公式サイト
無添くら寿司
http://www.kura-corpo.co.jp/[リンク]

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP