体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知ってるだけでお得感◎!「ピクニックランチ」に欠かせない6つの小技

150427_picnic-mistake

アウトドアには最適なシーズンです。トレッキングやキャンプに出かける予定はなかなか立てられなくても、ピクニックランチで外メシを楽しむのはどうでしょう。ビニールシートを敷いてボトルワインにお手製のランチボックス。

でも、ピクニックランチって案外、馴れてる人とそうでない人では差が出るもの。たとえば、くたびれたレタスがフタに張り付いていたり、容器の底に水分が溜まっていたり…。意外に知らないピクニックランチを成功させる小技をご紹介。

shutterstock_190884599

01.
サンドウィッチは
現地で挟むが常識

ピクニックの定番といえば、サンドウィッチ。ついつい欲張ってトマトやキュウリをたくさん入れたり、マヨネーズやケチャップ、ドレッシングなんかを多めにかけてしまうことも。
サンドイッチは調理後、どんどん食材の水分をパンが吸収していくもの。結果、食べようとした時にはべちゃべちゃ、なんてこともよくある話。

ピクニックの基本は、食べる直前にサンドすること。つまりは、パンと食材をそれぞれ別々に持って行き、その場で好きなものを挟む。これなら水気をたっぷり吸ったおふのような食感からも解消されますね。

02.
フルーツは性格を見極める

Fruit Salad

ちょっとしたワインのおつまみとしても活躍必死のフルーツアソート。彩りも映えるし子どもも喜んでくれますよね。このフルーツも気をつけるポイントがたくさん。

海外サイト「Huffington Post」にこんな記事を見つけました。「ピクニックで失敗しないために知っておくべき料理トリビア」。曰く、ピクニックに用意するフルーツは、それぞれの特性を見分けることに極意ありだとか。フルーツはカットしてから時間をおくことで、徐々に変化する性質があるのでそれを見分ける必要があるそうです。
たしかにバナナはカットした断面からぬめりが出てきたり、メロンは水分がどんどん外へと出ていくそう。ブルーベリーやイチゴは色素が流れ出たり、リンゴはポリフェノールが空気に触れることで酸化が始まり変色しますよね。

これらを1つの容器に混在させてしまうと、水分は出るは、変色するはでもう、食べる気も失せてしまいますよね。フルーツ毎に別容器を用意するのがオススメですが、これではかさばるばかり…。そこで役立つのがレモンです。レモンの絞り汁をカットフルーツにかけるだけで、いくぶん新鮮さを保つことができるし、他の料理に絞ることもできますね。

03.
熱々メニューはあら熱を
十分にとってから

shutterstock_201498206

生春巻きや巻き寿司は彩りも良く、ピクニックには最適。でも、具材や持ち運び方には注意が必要なんです!
生魚や生ハム、チーズなどは、そもそも数時間常温においておくのは危険。ツナや卵サラダなどマヨーネーズを加えたものも乾くと見た目もお世辞にも良いとは言えませんよね。

ラザニアやドリアなど熱々が美味しいメニューはあら熱をとってからフタをして。時間がないからって熱いままだと、湯気でせっかくのランチがべちゃっとしたり、傷んでしまいます。できるだけピクニックには、調理後しばらく立ってからでも美味しく頂けるレシピを選ぶこと。

04.
冷めても美味しい!にこだわる

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。