ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5月25日が「ターミネーターの日」に正式決定! シリーズ一作目から30周年を記念

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


5月25日は何の日? 検索すると「主婦休みの日」「広辞苑記念日」などなど色々な記念日が出て来ますが……。これからは「ターミネーターの日」! シリーズ第1作目である『ターミネーター』が、ちょうど30年前となる1985年5月25日に日本公開されたことを記念して、5月25日が「ターミネーターの日」として、日本記念日協会により正式に認定されたのです。

『ターミネーター』は当時弱冠30歳のジェームズ・キャメロンが監督・脚本を手がけ、ボディビルダーから俳優に転向していたアーノルド・シュワルツェネッガーを殺人アンドロイドであるターミネーター役に起用。低予算ながら革新的な映像とストーリーで人々を驚かせヒットし、続く『ターミネーター2』(91)は全世界で5億6000万ドル(約672億円、1ドル=120円換算)の驚異的な大ヒット、日本でも95億円(※当時は配給収入)を稼いでその年の日本における年間No.1興行成績の映画となりました。

『ターミネーター』シリーズは、シュワルツェネッガーを一躍スターダムにのし上げ、SF映画の金字塔として今なお世界中の映画ファンを魅了し続ける伝説のシリーズです。


そして満を持してこの夏、自身の大出世作『ターミネーター』シリーズ5作目にシュワルツェネッガーがアイルビーバック! 『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は7月11日(土)に日本公開となります。

4月某日、アメリカ・ロサンゼルスで本作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の取材を受けていた本人へ、日本で5月25日が「ターミネーターの日」に認定されたことを伝えると、「アーノルド・シュワルツェネッガー殿」と明記された額に入った記念日登録証を手にし、快く笑顔で記念撮影に応じてくれたシュワちゃん。

『ターミネーター』シリーズへの復帰についてシュワルツェネッガーは、「またターミネーター役に戻って来られてうれしかった」とコメント。30年前に初めて演じたキャラクターを演じることに関して、「素晴らしいサプライズだったね。30年も経ってから、同じ俳優に同じ役で出演オファーがかかるなんて、ものすごく稀なことなんだ。とても光栄に感じたよ」と喜びを述べました。

ターミネーターと言えばシュワ、シュワと言えばターミネーター。まさに一心同体である本作において、シュワルツェネッガーが30年前の『ターミネーター』1作目の自分(=ターミネーター)と対峙し対決する「シュワVSシュワ」のシーンも大きな見どころ。「昔の自分を見るなんて夢みたいだ」と、シュワ本人にとっても驚愕のシーンになっているのだとか。ちなみに「5月25日はターミネーターの日」と登録されたのは4月8日の「シュワの日(非公式)」だそうですよ。

http://www.terminator-movie.jp

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP