ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不安になりがちなS遺伝子を持つ日本人の割合は98.3%! アメリカ人は67.7%!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仏教と音楽を軸としたお寺のイベント『向源』。そこで聞いた中野信子さんの話でおもしろかったのが、日本人はもともとも不安になりやすい民族だって話。

・日本人の9割8分は不安遺伝子の持ち主
どうも日本人にはS型と呼ばれる遺伝子が多いらしく、心を安定させるホルモンであるセロトニンの量が増えず、結果として不安やストレスに弱くなるんだそうな。

・日本人はほぼ全員が不安になりがち
その比率はハンパなくて、日本人がS遺伝子を持つ割合は98.3%(アメリカは67.7%)。つまり日本人はほぼ全員が不安になりがちだと言っていいわけですね。かくいうわたしも、ガッツリとした不安傾向の持ち主であります。

・ヒトは遺伝子の奴隷?
といっても希望がないわけではなく、年始にやってた特番によれば、あの明石家さんまも不安傾向が特に強いSS型の持ち主なんだそうな。どうやら、決してヒトは遺伝子の奴隷ってわけではなさそう。

・不安のメリットを認識するのが大事
「WOOPの法則」で有名なガブリエル・エッティンゲン博士いわく、「弱点と『強み』が表裏一体だと信じれば、弱点を有利に使える」そうなんで、まずは不安のメリットを認識するのが大事。逆に言えば、不安に逆らって強がったり、不安をなかったことにしちゃう方法が一番ムダ。まぁ、不安な人ほどついやりがちなんですけどね。

・不安にもメリットがある
実際、不安のメリットについては質の高い研究がいろいろありまして、

不安は相手の信頼感を増す(英文PDF)
不安な人は友人関係がよい(英文)
不安な人は交通事故に合いにくい(英文)
不安な人は記憶力がよい (英文PDF)
不安な人はIQが高い(英文)

などなど。とにかく不安レベルが高い人はつつましいので他人への印象がよく、心配性のおかげで集中力が高まり、記憶力があがったり上手く事故を避けやすくなるみたい。

・人類を危険な状況から避ける役割
2012年の実験を行ったジェレミー・コプラン博士いわく、「これまでの研究により、不安レベルが高い人たちは知性も高い傾向が強いことがわかっている。一般的に、過度の不安症はマイナスなものとして扱われ、高い知性はプラスにとらえられる。しかし、「不安」の感情は、人類を危険な状況から避ける役割を果たしてきた」。

そもそもヒトの知性は過去や未来の危険を避けるために進化してきたので、そのシグナルとして不安の感情もいっしょに発達したんだ、と。

・不安になったら抵抗してもムダ
もちろん、できれば不安は避けたいものですが、いったん不安になったら抵抗してもムダなので、まずは「RAIN法」あたりで自分の感情と仲良くしつつ、上記のメリットを活かす方向で考えていく感じですかねー。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/05/08/fuan/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP