ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ICU内での服装は対照的 控え目な眞子さまと大胆な佳子さま

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 秋篠宮家の次女、佳子さまフィーバーが過熱しているが、秋篠宮家姉妹おふたりのキャンパスライフは対照的ともいえる。

 佳子さまのICU入学式はそのお姿をひと目見ようと、佳子さまファンや近隣の人たちも駆けつけたため、警護が1m置きに立つピリピリムード。新入生の保護者までもが名簿でIDチェックされるほど厳戒で、今もその態勢は続いている。

 一方の姉・眞子さまの在学中は佳子さま同様、複数の警護は常に付いていたものの、IDチェックなどが行われることはなかったという。また入学当初こそ、お車で通学されていたが、途中からは他の学生同様、電車で通われていた。

 そんな眞子さまが在学中に注目を集めたのが、2011年10月のプライベート写真流出事件だ。これは眞子さまが所属されていたスキー部が合宿に行った際に撮影されたもので、眞子さまがピースサインで男子学生にもたれかかる2ショット写真や当時、未成年の眞子さまの飲酒が疑われるような写真だった。

「この流出事件直後に行われたICUの学園祭のときには、皇宮警察や所轄の私服警官など10名ほどが眞子さまを囲んでいて、物々しい雰囲気になり、眞子さまもしばらくは部活に姿を見せませんでした。でもほとぼりが冷めると、いつも通り部活にも参加されていました」(ICU関係者)

 眞子さま、佳子さま、おふたりの在学中の様子を知るICU学生がこう話す。

「やはり佳子さまは特別、目を引きますよ(笑い)。毎日メイクもバッチリされてますし、服装も大胆なことも多い。それによく男友達と一緒に歩かれています。だから、自然と目立たれているように思います。

 一方の眞子さまは化粧っ気もなく、服装も派手ではありませんでした。いい意味でなじまれていて、“あっ、眞子さまだ!”となることが、ほとんどありませんでした」

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
眞子さまの取材で宮内庁関係者が放った一言に報道陣が驚く
佳子さまの花婿候補は眞子さまの同級生 幼い頃から面識あり
佳子さま入学有力視のICU男子学生「4月のコンパが勝負だ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。