ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】浜田省吾、サザン 大御所がチャートを引っ張る、ワイスピは追いつけるか!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから5月4日~6日までの集計が明らかとなり、浜田省吾『Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター』が、5月11日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums”と同様に首位に立っている。

 2位も、“Top Albums”と同じく、サザンオールスターズ『葡萄』。発売から1か月以上経過したが上位をキープしている。興行収入20億円突破した映画『ワイルド・スピード スカイミッション』のオリジナル・サウンドトラックが3位にランクイン。4位は、ドラマCD『抱かれたい男1位に脅されています。』。5位には、DJ KAORIが人気洋楽曲を使ったミックスCD『DJ KAORI’S BEST POP HITS』が入っている。“Top Albums”の上位5作のうち、4作が引き続きセールスを積み上げている結果となった。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2015年5月4日から6日までの集計)
1位:浜田省吾『Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター』
2位:サザンオールスターズ『葡萄』
3位:サウンドトラック『ワイルド・スピード スカイミッション オリジナル・サウンドトラック』
4位:ドラマCD『抱かれたい男1位に脅されています。』
5位:DJ KAORI『DJ KAORI’S BEST POP HITS』

関連記事リンク(外部サイト)

【深ヨミ】洋楽曲アルバム、三者三様のチャートアクションでランクイン
ビルボード×サマソニ『Billboard JAPAN Party』 今年も開催決定!テーマは”ファンク”
玉置浩二、NHK『SONGS』にてオーケストラとの共演の模様が放送決定 『田園』ら珠玉の6曲を東京フィルと

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP