ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美術館でボケたり、ツッコんだり。元芸人説く、アートの楽しみ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE休日の特別番組「J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL Antenna presents TOKYO CLIP」(ナビゲーター:クリス智子 / 小宮山雄飛)。5月6日のオンエアではアートテラーのとに〜さんが登場し、気軽に美術館を楽しむコツを紹介しました。

映画やファッションなど、各エキスパートがTOKYOのエンタメを語った、ゴールデンウィーク最終日の特別番組。アート部門で登場したのが、アートテラーのとに〜さんです。とに〜さんの前職は吉本興業所属の芸人。芸人として培った“しゃべり”を強みに、美術館で講演をしたり、アートツアーを企画したり、ユニークな視点から美術の面白さを伝える活動をしています。そんな、とに〜さんがアートに目覚めたのは大学4年生のとき。きっかけは、中学時代からお笑いコンビを組んでいた相方でした。

「生活費が1日300円の僕の横で、相方は親の仕送りでハーゲンダッツ3個食べ比べとかしているんですよ」(とに〜さん)という格差がありながら、学生時代に同居していた二人。そんなブルジョアな相方から「交通費を出すから」と美術館に誘われたのが、この道に進むきっかけだったのだとか。相方と二人で行った美術館で、ボケたり、ツッコんだりしながら観るアートが意外に楽しかっただそう。「そのときのカルチャーショックというか、アートって、すごく自由に観られるなと思って、それがきっかけだったかなと思いますね」(とに〜さん)

そんなとに〜さんが、初心者でもアートを楽しむコツとして挙げたのが次の3カ条。

1つ・・・思ったことは口にすること。つまらないなと思ったら、つまらないのが正解。アートを理解できない自分を責めるのではなく、まずは好きに言ってみると面白くなってきます。

2つ・・・必ず誰かと行くこと。誰かと行って、感想を共有できるところが美術の面白さ。好きな人や嫌いな人と行くと、相手の意外な一面が見出せることも。

3つ・・・タイムスリップすること。当時の時代背景はどうだったのかなと、その時代に寄り添って観ると、意外な発見や感動があります。

また、とに〜さんは、幼少期からもっと美術館を楽しんでほしいと言います。というのは、今、学生以下は土日無料の美術館が多く、自身、その恩恵をもっと受ければよかったと、後悔していることから。

お笑いライブを楽しむように、美術館をもっと自由に、気軽に楽しんでいいのかもしれませんね。東京は各国、各ジャンルのアートが集まる街。美術館から、東京の街を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL Antenna presents TOKYO CLIP」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/holiday/20150506/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP