ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【旅通に聞いた】母の日にお母さんを旅行へ連れていくならどこ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: David Bohn「Südamerika San Pedro nach Uyuni

TRiPORTライターの八木です。
毎年5月の第2日曜日は「母の日」です。皆さんは日頃の感謝の気持ちを伝えることができていますか? ここしばらく、母の日に何もできていないという人は、そろそろ大きなプレゼントを渡してみてもいいのかもしれません。そこで今回は、旅が大好きなTRiPORTのライター陣に「お母さんを連れていくならどこ?」という質問を投げかけ、おすすめの旅行先をおしえていただきました。

■チリのアタカマ砂漠

チリのアンデス山脈と太平洋の間にあるアタカマ砂漠に昨年訪れたライターさんはぜひともここに母を連れていきたいとのこと。理由は帰国後に「火星みたいだった」と母に話すと興味津々で、夢見る少女のように目を輝かせていたからだそうです。世界三大砂漠の一つで、砂漠の中に突然現れる断崖絶壁や、高くそびえる砂丘、ピンクに染まる夕焼け、世界で最も美しい星空など、日本で暮らしていると考えられないような絶景を堪能できます。その素晴らしい体験の数々は、地球外の出来事だと思えるかもしれません。

■インドネシア・スマトラ島の「シ・ピソピソの滝」と「トバ湖」

Photo credit: Sakura Tanaka「スマトラ島メダンで大自然と戯れる

歳をとってくると海外には行けないと思い込んでしまうお母さんも少なくないでしょう。しかし諦めがちな、あるライターさんの母親の心を唯一揺さぶったのが、インドネシア・スマトラ島の「シ・ピソピソの滝」と「トバ湖」の写真だったそうです。ジャングルの中を走り抜けると一面に広がる世界最大のカルデラ湖であるトバ湖の迫力は言葉を失うほど。展望台の近くにあるシ・ピソピソの滝は、滝壺まで降りて散策することができます。

■バリ

Photo credit: Aya Kimura「バリ島で”ゆったりまったり”キレイになる女子旅♡

海外経験がほぼゼロの人でも安心して行くことができるバリは、日本から比較的近くてインフラがある程度整っている上に、コストパフォーマンスも最高とのこと。普段忙しく働いているお母さんを連れていってあげればきっと喜んでくれるはず。世界中のスパが揃っていると言っても過言ではないバリに行けば、肩こり・腰痛・冷え性・肥満(?)など、お母さんの悩みを解決してくれるスパが見つかるはずです!

■ドバイ

Photo credit: Yukako Ban「UAE Dubai Mall Burj khalifa

アラブ首長国連邦のドバイは冷房設備などもしっかりと完備されていて、意外と観光インフラが整っているそうです。タクシーの運転手さんも親切で、軍の警備は完璧だと言われているほど安全だとか。最先端施設や超高層ビル郡、ヤシの木を模した人工島のパームアイランドなど、まるで少し先の未来にタイムスリップしたかのような気分になれるそうです。気分が高揚し、お酒を楽しみたくなりそうですが、ドバイにはお酒に関する様々なルールがあり、旅行者が飲めるエリアは限られているのでご注意を。

数々の国を渡り歩いたTRiPORTメンバーがおしえてくれた場所なら、きっとあなたのお母さんも満足してくれるはず。今年は無理でも来年もチャンスはあります! チケットを予約する前に、お母さんに予約を入れましょう。

母の日には旅行!お母さんのタイプ別でおすすめの場所を紹介
(ライター:八木彩香)
Photo by: Yukako Ban「UAE Dubai Mall Burj khalifa

関連旅行記はこちら

*David Bohn「Südamerika San Pedro nach Uyuni
*Sakura Tanaka「スマトラ島メダンで大自然と戯れる
*Aya Kimura「バリ島で”ゆったりまったり”キレイになる女子旅♡

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP