ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『水曜歌謡祭』2HSPがオンエア、中川翔子大興奮のアニソンメドレーや、明菜メドレーでは三浦大知とNEWS増田が互いを賞賛

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビの音楽番組『水曜歌謡祭』が5月6日に放送。今週は第3回目にして2時間スペシャルとなり33組39名のアーティストが出演し豪華パフォーマンスを披露した。

 <100年歌い継ぎたい名曲>では「90年代の月9主題歌」をテーマに番組オープニングから平原綾香×三浦大知×Flowerで『東京ラブストーリー』から「ラブ・ストーリーは突然に」、工藤静香×水樹奈々が『あの日に帰りたい』から「慟哭」、堂珍嘉邦×DAIGO×増田貴久(NEWS)で『リップスティック』など主題歌をドラマの名シーンも差し込まれながらパフォーマス。歌唱後のトーク場面には工藤静香と水樹奈々が登場。番組初出演に「緊張した」という水樹に、懐かしいドラマシーンが差し込まれた工藤は「恐怖ですね」と苦笑いしていた。

 EDMを得意とするサウンドプロデューサーTeddyLoidのプロデュースでアニソンメドレーも行われた。歌唱したのはMs.OOJA、山本卓司(Sky’s The Limit)など実力派シンガーを集めた水曜シンガーズのメンバー。放送局、年代にこだわらず『キューティーハニー』や『美少女戦士セーラームーン』『進撃の巨人』から名曲を次々と披露。アニソンを語る上で外せないであろう水樹奈々、中川翔子はこの日出演していたにも関わらず、ベタ過ぎたのかこのコーナーではまさかの歌唱無し。しかし、歌唱前のトークに登場し、好きなアニメを問われた水樹は「魔法少女モノが好きなので『クリィミーマミ』とか」と答える中、中川も「山ほどあるんですけど、アラサー的には『セーラームーン』『ドラゴンボール』…!あの頃、天国でしたね。ゴッドタイムでございました!」と大興奮。歌唱後も「アニソンは心の宝石箱!愛も勇気も希望も詰まっていて最高ですねぇ!」と興奮収まらない様子だった。

 また、<男性が歌うリスペクト!中森明菜>ではコーナータイトルの通り、デーモン閣下×DAIGO×Flower パフォーマーで「DESIRE -情熱-」増田貴久(NEWS)×三浦大知×中田裕二で「サザン・ウインド」など男性アーティストが中森明菜の名曲を熱唱した。ずっと中森明菜の曲を聴いていたという増田は一緒に歌唱した三浦大知の印象について「スゴい綺麗な声。一緒に歌ったら僕の声が聞こえない可能性がありますよね?」と語り、三浦は増田について「爽やかだけどその中に艶というか色気みたいなものがある」と互いを賞賛していた。

 番組への出演依頼時から密着する<ふたりで歌うなら>のコーナー。今回はスペシャルということで、デーモン閣下×小柳ゆき、和田アキ子×田島貴男の2組が登場。デーモン×小柳は「六本木心中」、「愛情」の2曲を絶唱。デーモン閣下が「挑んでくるものは拒まない!」と語っていた通りのヴォーカルバトルを見せつけた。和田×田島によるコラボは「接吻 kiss」、「あの鐘を鳴らすのはあなた」と互いのヒット曲を見事なハーモニーで歌い上げた。

 次回『水曜歌謡祭』は5月20日に放送される。次回出演者や今週放送分のセットリストは番組ホームページに掲載されている。

フジテレビ『水曜歌謡祭』
毎週水曜夜7時57分 生放送
MC:森高千里 / 渡部 健(アンジャッシュ)
※5月13日の放送は休止

関連記事リンク(外部サイト)

ゲスの極み乙女。がしゃべくりに出演、休日課長の春闘に川谷絵音がソロ活動を否定?
『魁! 音楽の時間』V6が明かすデビュー当時の秘話、謎のV6ポーズを19年ぶりに披露
『MJ』西内まりや、Flower鷲尾、LinQ山木が九州弁でキュンとくる決め台詞、在日ファンク浜野のステップ講座も

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP