ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電子レンジをフル活用!3食+デザートまで。お手軽レンチンレシピ8選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本家庭のほぼ一家に1台が保有していると言われる、家電の王様「電子レンジ」。平成21年度とちょっと古いデータですが、総務省が発表した「全国消費実態調査」によれば、普及率は97.5%だとか。スマホの比じゃありませんね。

料理上手から初心者まで、電子レンジは本当に強い味方です。フル活用すれば、3食レンジ料理だって当たり前。買ってきたものを温めるだけじゃレンジがかわいそう。国内外からお手軽レシピをご紹介!

01.
丼椀で作っちゃう!?
カリカリベーコン

※写真はイメージです。

ベーコン:3枚

アメリカの朝の定番、カリカリのクリスピーベーコンを驚きの方法で作るレシピを紹介しているのは健康情報サイト「Greatist」の「あなたが知らない電子レンジレシピ集」。もはやエンターテインメントとしか言いようのない驚愕のレンジハックです。

レシピ通りにいくと、レンジの中にボウルを逆さまに入れ、その上にベーコンを敷くようです。これでチンすると余分な脂がボウルを伝って流れ落ちるそう。でも、ステンレスや金属容器を電子レンジに入れるのに抵抗感ありますよね。なので、ここでは、お茶碗を使うことにしてみました。大きめの丼茶碗があればベター。

まずは、レンジの真ん中にキッチンペーパーを敷く、その上に丼椀(もしくは大きめのお茶碗)を裏返しにセット。最後にベーコンを椀の上に乗せて1分チンするだけ。余分な油が椀を伝って流れ落ち、あのカリカリ感に仕上がります。

02.
週末のブランチには
ふんわり卵蒸しパン

※写真はイメージです。

ホットケーキミックス:50g
卵:1個
砂糖:適量
水:50ml

ちょっと時間のある週末の朝にはレンジで作る蒸しパンはいかが。蒸し器を使わないから、レンジパンかも。
耐熱カップに卵を割り入れ、砂糖、水を加えてかき混ぜる。ホットケーキミックスを加えかき混ぜたら、ラップをして500wで2分加熱。ふんわりもちもちの食感が病みつきに。

03.
ノンフライだから超ヘルシー
ポテトチップス


Reference : gogatsby
※写真はイメージです。

じゃがいも:2個
塩:適量

ポテトチップだってレンジでつくっちゃいましょう。こちらは市販のものよりヘルシーだから、量を気にせず食べられるはず。じゃがいもの皮をむき、薄くスライス。レンジにクッキングシートを敷いてスライスしたじゃがいもを重ならないように並べたら、まんべんなく塩をふって500wで4〜5分加熱。ほどよく焦げ目がついたら完成です。しっかり冷ましてから、カリカリを楽しんで。

04.
わずか10分で完成
お手軽ホットピクルス

※写真はイメージです。

ニンジン:1/2本
セロリ:1/4本
きゅうり:1本
お酢:50ml
水:100ml
砂糖:大さじ2
ローリエ:1枚
マスタードシード:適量
クローブ:適量
とうがらし:1本
コショウ粒:適量

こちらも「Greatist」に掲載されたレシピ集から。たったの10分でピクルスができるって!?確かにピクルス液を煮立たせてから野菜を入れて作るのが一般的ですが…。そもそもホットピクルスという発想が斬新すぎ。

野菜はお好みの大きさにカットしておきます(スティックがオススメ)。耐熱ボウルにお酢、水、砂糖、スパイス類を投入し、野菜を漬ける。ラップをして500wのレンジで約8分。温かいままでも美味しいし、冷やせばより味がしみ込みます。

05.
意外!カリッと美味しい
焼きチーズ鱈

チーズ鱈:適量
パセリ:適量
コショウ:適量
カレーパウダー:適量

定番おつまみのチーズ鱈、なんとこれもレンチンすると美味しくなるとか。バラエティー番組で紹介されるや、「クックパッド」などでもレシピが続々登場しています。

レンジにクッキングペーパーを敷き、チーズ鱈を乗せて500wで約4分。カリカリの仕上がりがクセになりそう。ポイントはチーズ鱈がくっつかないよう間隔を1cmほど空けておくこと。お好みで、パセリやコショウ、カレーパウダーをふりかけても◎。

06.
定番マッシュルームと
チーズのリゾット


Reference : Luca Nebuloni
※写真はイメージです。

米:1合
ワイン:80ml
水:40ml
固形ブイヨン:1/2個
にんにく:1/4片
玉ねぎ:1/4個
マッシュルーム:4個
バター:適量
パルメザンチーズ:適量
塩:適量
コショウ:適量

どうやら海外では、リゾットを電子レンジで作るのが当然(?)だったりするようで、レシピサイトを見てみれば、あれもこれもと美味しそうな写真が並びます。たとえば「food network」のこのレシピ。電子レンジリゾットなのに見事な出来映えです。
それもそのはず、ポルチーニ茸にエシャロットを加えて最後はパルメジャーノ・レッジャーノをまぶして…。本格スタイルはレストランで味わうとして、ここでは、日本の食材に置き換えてみました。

おひとりさま用簡単リゾットのご紹介。玉ねぎとにんにくをみじん切りにし、耐熱容器に米(洗わなくてもOK)、ワイン、水、ブイヨンとともに入れる。ラップをして500wでレンチンすること約10分。熱々を取り出したらバター、チーズ、スライスしたマッシュルームを投入、ざっくりと混ぜ合わせれば完成。お好みでパセリを加えて。

07.
マグカップで作る
お洒落フレンチトースト

材料:
食パン(4つ切):2枚
牛乳:50cc
卵:2個
シナモンパウダー:15g
メープルシロップ:適量
レーズン:適量
ナッツ類:適量
チョコチップ:適量
粉糖:少々

以前にも紹介したマグカップフレンチトーストは、もはやレンジ料理の定番。詳しいつくり方はこちらから。仕上げにフルーツをトッピングしたり生クリームを乗せて完成。

08.
簡単なのに本格派
チョコレートブラウニー

※写真はイメージです。

ホットケーキミックス:100g
卵:1個
牛乳:100ml
ココアパウダー:30g
チョコレート(板チョコ):4片
バター:30g
塩:適量

アメリカの家庭料理を紹介するサイト「Simply Recipe」から「マグカップで作るブラウニー」を発見しました。レンチン+マグカップの波、今や日本だけではありません!お手軽で簡単を追求して電子レンジでアレンジクッキングしてみました。

ボウルにホットケーキミックス、卵、ココアパウダーを入れて混ぜる。あらかじめ溶かしておいたバターとチョコレートを合わせてざっくりかき混ぜる。耐熱容器に流し入れ600wで約4分。あら熱が取れたら出来あがり。

Top photo by Alagich Katya /
Reference:Greatist , food network , cookpad , Simply Recipe

関連記事リンク(外部サイト)

【新定番】これからのケーキはフライパンで作る!本格ベイクドチーズケーキレシピ
ひと手間で劇的に変わる!5分でできる鉄板「朝食トースト」レシピ
電子レンジでわずか3分。マグカップでつくる、ひと手間加えた「フレンチトースト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP