ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

でんぱ組、ワールドツアー日本公演&ニューシングル「おつかれサマー!」詳細発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

でんぱ組.incのワールドツアー日本公演として、日本を象徴する富士山の麓で2daysのスペシャルなライブが決定した。そして6月17日に発売されるニューシングル「おつかれサマー!」の新ヴィジュアルも発表された。

さらに、5月6日、東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われた「WWD 大冒険 TOUR 2015 〜この世界はまだ知らないことばかり〜」ライブレポートも到着した。

「WWD 大冒険 TOUR 2015 〜この世界はまだ知らないことばかり〜」ライブレポート

・ツアーの集大成
2015年5月6日、でんぱ組.incは東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLにてライブツアー「WWD 大冒険 TOUR 2015 〜この世界はまだ知らないことばかり〜」の最終公演を行った。2月末から2ヶ月以上にわたって続けてきた初のホールツアー、全27公演、グループとしての新しいチャレンジに恵まれたこの”冒険”の旅。10分押しでライブ開始した18時10分、東京に帰還したメンバーを満員御礼のファンが温かく出迎えた。

幕が開くと舞台セットは深い森の中。メンバーたち冒険者一行がファンをファンタジーの世界へと誘って、まずは「でんぱーりーナイト」から「W.W.D」へとつないで勢いをつける。リーダーの相沢梨紗が「とうとうファイナルだぜ!最後まで一緒に突っ走っていこう!」と客席を煽ると、最上もがも「ものすごく緊張しています。でも今日は楽しむ!」と意気込んでみせる。ライブ後に話を聞いたところ実際に最上はかなり緊張していたというが、「今日のライブでは会場に両親が来ていて、客席に姿が見えたのでそのことを思い出しながらやりました」と話した。

MCでのメンバーの決意表明の通りに、でんぱ組.incは「NEO JAPONISM」や「Future Diver」「FD2〜レゾンデートル大冒険〜」など、惜しげもなく強力なアンセムを立て続けに繰り出して、ライブ冒頭にして観客の空気はすっかり最高潮になった。舞台中央にはファンタジックなお城が登場して今回のツアーのコンセプトである「冒険」のイメージを高めるが、基本的にはトリッキーな演出を施すよりも、メンバー自身の歌とダンスを主体としてライブが盛り上げられていく。

今回のツアーは2月に発売されたアルバム「WWDD」からの楽曲を多数盛り込んだものになっており、すべての会場で同じセットリストが使われた。だからこそメンバーのパフォーマンス力だけで勝負する、シンプルで力強い内容になったと言っていいだろう。終演後に話を聞くと、夢眠ねむは「千秋楽ということで緊張していたんですけど、今までのツアーと違って全公演同じ内容だったのでいつもよりどっしりした構えでやれましたね」と語り、相沢梨紗も「始まってみるとみんなが手をすごく振ってくれていて、こうやって大きな会場で人数がすごく多くても、みんなと一緒にできたなという実感がありました」と話した。

・まさかのラスボス攻略失敗
もうここまでで見応え十分なライブだったが、実はまだまだ序盤。次は「WWDD」のファンクラブ限定盤にも収録されていた各メンバーによるソロ楽曲の披露となる。やはり今回はステージ演出もさりげないものになっているがゆえに、各メンバーの歌唱とダンスの成長ぶりを見せつける格好となったようで、訪れたファンたちを楽しませていた。そして「Dear☆Stageへようこそ♡」「まもなく、でんぱ組.incが離陸致します♡」そして「ファンシーほっぺ♡ウ・フ・フ」と、今度は変化球的に女の子らしさ、アイドルらしさを見せつけて緩急を付ける。「Dear☆Stageへようこそ♡」ではメンバーからのメッセージの書かれたカラーボールを会場に投げ入れながら歌い続け、ファンを喜ばせることも忘れない。まさにこの曲の歌詞のとおり「君と遊び続けたいの」という楽しさが会場全体に広がった一幕となった。

ここでライブは小休止し、ツアー中にあちこちの会場で「壁を壊してきた」でんぱ組.incが、ついに最終日のここTOKYO DOME CITY HALLにて、ラスボスに挑戦するというコーナーへ。最後の試練として与えられたのは、なんとあのパーティーゲーム「黒ひげ危機一発」。メンバー6人でタルに剣を刺し、黒ひげを飛び出させれば見事にクリアだという。藤咲彩音は飛び出すのが怖くて剣を刺すごとにタルから走って逃げ出すほどだったが……なんと、でんぱ組.incは結局クリアに失敗してしまう。しかしツアー中は「試練に失敗したらそこでライブ終了」というルールを乗り越えてきただけに、ここですべてを終わらせるわけにはいかない。そこで会場の「そこをなんとかー!!」コールを頼みにして、ゲームのコンティニューを実施。あと6本だけ新たな剣が出現したのだ。これなら、ラスボスもクリア可能かと思ったものの……なんと、メンバーはまたも黒ひげを飛び出させることに失敗してしまった。

このままではライブが続行できない。メンバーはこの事態をあまり想定してなかったようで、けっこう慌てている。しかし、そこで相沢梨紗によく似たラスボスの声が。今回のツアーで経験を積んだメンバーにまだまだ甘いと語り、6月からスタートする全7カ国をめぐるワールドツアーでリベンジするようにと、次に目指すべき目標を明確にしたところでうまくオチが付いた。

ミニコーナーのあとはまず「イロドリセカイ」「ブランニューワールド」という、「WWDD」に収録された新曲の中でもとりわけ今までのでんぱ組.incのイメージとは異なるしっとりとしたバラードやロックテイストの強さを見せつける。さらにここからが後半戦だと会場に告げて、いよいよ会場は一体となって終盤の盛り上がりになだれ込んでいく。「キラキラチューン」「バリ3共和国」「ちゅるりちゅるりら」「でんでんぱっしょん」と、でんぱ組.incらしい、個性的かつ日本的で、さらにアッパーな曲の数々は、すでに次のワールドツアーを見据えながら演じているかのようだった。

最後の曲は定番の「檸檬色」。会場を埋め尽くすペンライトは淡い黄色に変わり、長かったホールツアーは切なげな情景と共に終わっていく。ここでいったんメンバーはステージを去るが、観客はすぐに「でんぱ!世界へ!大冒険!」というコールを会場に響かせてアンコールを要求。これに応えてステージに復帰したメンバーは、アンコールを残すばかりとなったこのツアーを思い思いに振り返る。古川未鈴は今回のツアーで、のべ観客動員数が過去最大の6万人だったと報告。「2月末から全27公演をやる中で、ホールでやるとこんな感じになるのかと、新たな発見があった」と感慨深げに語り、会場の隣にある東京ドームすら埋められるというその動員数に観客も喝采を送る。

・武道館から1年で見えたもの
アンコールの一曲目は「イツカ、ハルカカナタ」で楽しかった時間が終わりに近づいたことを思わせる。そして古川未鈴が「次の曲で、このツアー最後の曲です」と言い、「これからも、でんぱ組.incにしかできないことをやっていきます。これからもでんぱ組.incをよろしくね!」と宣言すると、最後の曲は「でんぱれーどJAPAN」で最高に会場を盛り上げる。ついに曲が終わって観客にお辞儀をし、スタッフから花束を渡されて感激するメンバーたち。思わず目をうるませた藤咲彩音は「長いこと活動しているので、最後にお花が出てくるかもしれないのは分かってるんですよ。でも、今回は長かったホールツアーが誰も倒れたりせずに、ついに終わったー、って思ってる時にいきなりお花が出てきたので、やっぱりびっくりしちゃいました」と笑った。

こうして長かったツアーは完全に終わった。実は、この日5月6日はでんぱ組.incにとって昨年の2014年に日本武道館での公演を行った日。成瀬瑛美はこのことについて次のように言う。「ツアーの最終日だったんですけど、自分の中では独立した一個のライブでした。1年前に武道館をやってから、自分がどれだけ成長したかを試そうというところがあって。そればかり考えてもいけないんですけど、もちろん人を楽しませようという気持ちでやっているんですけど、今日は自分と向き合って、これから先につなげたいって思いました。そういうことって普段は言わないんですけど、素直さが出せた日です」

あれから一年、どれだけ自分たちが成長したのか、これだけの会場を舞台に何ができるようになったのか。毎日の活動の中では気付かないながらも、この日のパフォーマンスを自信満々にやり遂げてみせたメンバーには、すでにその答えが見つかっているようだった。(文・さやわか)

ワールドツアー日本公演詳細
JOYSOUND presents
でんぱ組.inc WORLD TOUR 2015 in FUJIYAMA
supported by GLOBAL WiFi
9月26日(土)河口湖ステラシアター 16:00open / 17:00start
9月27日(日)河口湖ステラシアター 15:00open / 16:00start
S席 7,980円(税込)/A席 6,980円(税込)/学生席 4,980円(税込)
※年齢制限:未就学児膝上可、ただしお席が必要な場合有料
※学生席は当日学生証を確認させて頂きます
※学生席はステージや演出が見づらい、もしくは見えない場合がございます
公式サイト先行予約情報
受付期間:5月21日(木)18:00~5月26日(火)23:59
受付URL:http://eplus.jp/dempagumi-hp/
お問合せ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00-18:00)

リリース情報
シングル「おつかれサマー!」
2015年6月17日発売
初回A(CD+DVD)TFCC-89541 1,389円+税 
初回B(CD+DVD)TFCC-89542 1,389円+税 
通常盤(CD)TFCC-89543 926円+税 
7inchレコード(限定)TFKC-38023 1,389円+税 
カセット(限定)TFSC-48008 926円+税 

収録内容
初回A(CD+DVD)
CD
1.おつかれサマー!(作詞・作曲:北川悠仁・前山田健一 編曲:Tom-H@ck )
2.でんぱ組♥しょこたん「続・PUNCH LINE!」(作詞・作曲:前山田健一 編曲:サイトウヨシヒロ )
DVD
1.「おつかれサマー!」MV
初回B(CD+DVD)
CD
1.おつかれサマー! 
2.ムなさわぎのヒみつ?!(作詞:NOBE 作曲・編曲:三好啓太)
DVD
1.「ムなさわぎのヒみつ?!」MV 
2.「ムなさわぎのヒみつ?!」MV
他収録予定
通常盤(CD) 
1.おつかれサマー! 
2.でんぱ組♥しょこたん「続・PUNCH LINE!」
7inchレコード(限定)
SIDE A.おつかれサマー! 
SIDE B.でんぱ組♥しょこたん「続・PUNCH LINE!」
カセット(限定)
SIDE A.おつかれサマー! 
SIDE B.でんぱ組♥しょこたん「続・PUNCH LINE!」

関連リンク

でんぱ組.inc オフィシャルサイトhttp://dempagumi.dearstage.com/
■でんぱ組.inc TOY’S FACTORYhttp://www.toysfactory.co.jp/artist/dempagumi/
でんぱ組.inc オフィシャルファンクラブ でんぱとうhttp://dempatow.dearstage.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP