ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

尿と便の色に注目 便が赤い色だと大腸がんの可能性もあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日頃ケアできない自分の体。連休中だからこそ、改めて自身の健康を捉え直したいところだ。お手軽な診断方法としてまずは、尿や便に注目してみてはどうか? 臭いや頻度だけでなく、注目すべきは色だという。

<尿の色チェック>
▼濁っていたら
 排尿痛、頻尿、排尿後もすぐにトイレに行きたくなるなどの残尿感がある場合は、膀胱炎の可能性がある。尿意を我慢しがちな人がなりやすい。

▼赤色っぽいなら
 左右どちらかの下腹部が痛む場合、高尿酸血症の状態であれば、尿管結石の可能性が高い。

<便の色チェック>
▼黒色なら
 腹痛を感じ、イカスミを食べた後のような黒い便が出たら、胃潰瘍か十二指腸潰瘍からの出血の疑いが。

▼赤色なら
 便に血液が付着しているので、多くは痔出血だが、大腸がんの可能性もある。また、下痢が続いてトイレが我慢できず、便に血が混ざっていたら、潰瘍性大腸炎の可能性あり。

▼透明な粘液があれば
 下痢、便秘を繰り返し、便の周囲に片栗粉みたいな透明な粘液が付着していたら、過敏性大腸症候群を疑おう。

▼クリーム色なら
 便がクリーム色のように薄い灰白色で、尿が紅茶のように濃い色の場合、黄疸かも。急性肝炎、膵臓がん、胆管がん、肝硬変、肝臓がんの可能性もある。

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【書評】下痢やおならのしくみ等尻の病気や悩みを解説した本
早期大腸がんは電気メスの「内視鏡的粘膜切除術」で根治できる
女医アンケート 定期的にがん検診受けている割合は47.5%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。