ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大分・高崎山の伝説のボス猿「ベンツ」の異色の生涯に迫る本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『ベンツ 消えた伝説のサル』緑慎也/ポプラ社/1500円+税

 最年少でボスザルとなるも、その座を捨てほかの群れのメスザルと“駆け落ち”。さらにその群れでも地位を上げ、対立する群れを崩壊させるという武勇伝を持つ、大分県・高崎山のニホンザル、ベンツ。

 たびたびテレビなどでも取り上げられていたこの人気者の35年、人間でいえば100歳を超える生涯を追った異色の“評伝”。〈多くの証言から浮かび上がるのは、彼の律儀で、頑固な昔気質の親方のような人物像、いや、猿物像〉とは──?

※週刊ポスト2015年5月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高崎山1355頭の中でピカイチの「無芸大食ダメ猿兄弟」が人気
チェス界伝説の天才の生涯を追った評伝 巻末解説は羽生善治
スザンヌおすすめの熊本の玉名ラーメンは「クセになります」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。