ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SNSで猫好きアピールする男に女子苦言「正直イラッとする」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SNSなどでみんながほっこりする鉄板ネタといえば、やはり猫。ネット上では「ぬこ」などと呼ばれることもあるが、かわいい猫の写真の人気はすこぶる高い。そうした傾向を読み取ってか、自己アピールのためにSNSでひたすら「猫好き」をアピールする男性がことの外多いという情報をキャッチした。

 今回集まってくれたのは、身の回りに「猫好きブランディング男子」が複数存在するという女性陣3名だ。彼女たちは、「男たちは、猫画像を載せていれば、モテると勘違いしているのでは」と口を揃える。まずは、マスコミ勤務の女性Aさん(28歳)の意見。

「Facebookの投稿で野良猫の写真をいつもアップしている会社の同僚がいます。30歳を過ぎても『今日も近所の猫に癒された~』、『今日はちょっと不機嫌モードでした(笑)』などとコメント付きで写真を投稿している。いい歳して“可愛い俺”を演出しているんでしょうかね」(Aさん)

 社会人だけでなく、大学生も同様。別の女性Bさん(22歳・大学生)の周りにも「猫好きアピール男子」がいるという。

「LINEでスタンプを送る代わりに、自分の家の猫写真を送りまくってくるゼミの友人がいます。たとえば、『ありがとう』という言葉のあとに、ニヤニヤした表情の猫ちゃんの写真を送ってくるとか。猫に罪はないけど、正直イラっとした」(Bさん)

 中には、自分が飼っている猫専用のSNSアカウントを作る人もいるという。IT企業に勤務する女性Cさん(29歳)が語る。

「学生時代の友人が自分の飼っている猫と自分のツーショットをよくアップしていた。しまいには猫専用のSNSアカウントを作って、自作自演で猫になりきって投稿していました。ただただ、驚きました……」(Cさん)

 もちろん彼女たちも猫が嫌いなわけではない。しかし、過剰に猫好きをアピールしている人、特に男性に対しては、若干の嫌悪感を抱いているようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SNSの「肉好き女子」アピールに対して男性「あざと鬱陶しい」
X’mas直前の独り身女性 露出の高い服装で男性に猛アピール
トマト囓る、液体飲む…どっちの超美人YURIちゃんが好き?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。