ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今治発のご当地グルメ「焼豚玉子飯」のタレ かければ完成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 40年ほど前に中華料理店のまかない料理として生まれた今治焼豚玉子飯。この今治市民のソウルフードは、昨年のB–1グランプリで3位入賞を果たした。このフードを完成させるのは、「今治焼豚玉子飯のタレ」(200ml/540円/山蔵)だ。

 ご飯、焼豚、目玉焼きにしょうゆベースのコクのあるたれを合わせれば、隠し味の生姜が肉のくさみを消して、後味さっぱり! 今治焼豚玉子飯世界普及委員会公認商品だ。

【今治焼豚玉子飯】

 丼にご飯を盛って、たれをかけ、焼豚スライスを並べる。塩こしょうを振りかけて焼いた半熟目玉焼きをのせ、仕上げにもう一度たれをかける。半熟の黄身をつぶし、ご飯と混ぜて食べる。

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
西日本名物肉メニュー 大阪ビフカツに愛媛の今治焼豚玉子飯
ひき肉と焼肉のタレで炊いた米を使った「韓国風のり巻き」
分とく山総料理長「日本の食材のよさ見直さないといけない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP