ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

両陛下やウイリアム王子も使用した究極のビニール傘は8640円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界で初めてビニール傘が登場したのは昭和30年代。開発したのはホワイトローズという雨具などの製造販売をしている日本の企業だった。しかし、中国などで生産が始まると価格破壊が進み、同業者は次々に廃業していった。

「そんな1982年、選挙を控えたある議員から、“雨中でも有権者に顔が見えやすく、軽くて壊れにくい大きな透明傘が欲しい”との要望を受けました。それで、“より透明に、より丈夫に、より美しく”を求めて、世界初のビニール傘開発メーカーの誇りをもって、開発にあたりました」

 ホワイトローズ代表の須藤宰さんは当時をそう振り返る。現在は、さらなる改良を重ね、濡れてもべとつかない“3枚重ね・多層オレフィン生地”を採用。骨は直径3.5mmのホワイトグラスファイバー樹脂。しなやかで折れにくく、風の力を吸収してくれる。さらに、傘の内側からの風圧を逃す“逆支弁穴開き加工”で、強度をアップ。「縁結」(えんゆう・8640円)が完成した。 現在は大きさの違う7種の傘がある。

 そんな高級ビニール傘は皇室とのご縁が深い。2010年の全国植樹祭で、両陛下直々に透明なビニール傘を持たれ、見通しのきく傘にとても好印象を抱かれたという。

「そのご縁で皇室に傘を納めたところ、さっそく秋の園遊会で美智子皇后陛下がお持ちくださいました。お優しい皇后さまはきっと“園遊会にご出席の皆さんをおもてなしの心で迎えたい”と、お顔の見える傘『縁結』を選ばれたのでしょう」(前出・須藤さん)

 先日来日した英国のウイリアム王子も同社の『シンカテール クラシック』を使用。   ロイヤルファミリーご愛用の高級傘。セレブ気分で梅雨を乗り切ろう。

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1本1万2000円の職人手作りの高級ビニール傘 5~10年は使える
梅雨時は「傘」で金運アップ 折りたたみ傘、ビニール傘はNG
年間240本見るTSUTAYA映像発掘担当者が勧めるDVD2作品

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP