ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪・来迎寺にある「幽霊の足跡」 夫への思い残す女の霊か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大阪府守口市にある浄土宗の寺『来迎寺(らいこうじ)』には世にも珍しい幽霊の足跡といわれるものがある。

 女性セブン取材班が、寺を訪ねると畳一畳ほどの座具にやや内また気味の小さな足跡が! 白く浮き立ち、どこかはかなげで、見ていると幽霊の姿が浮かんでくるようである。

 これは今から270年前、35代目の住職、慈天上人が夕方のお勤めをしていた時に、現れた女の幽霊が残していったものだと55代目住職、白川雅宏さんは言う。

「江戸の小網町に住んでいた大工の妻“お石”と名乗る女性は、遊び好きで家に寄りつかない夫に困っていました。病床に伏せっていた時も夫を待ちわび、ついぞや臨終の床に伏せてしまった。それゆえ、この世に未練を残しさまよっていた。

 そして、“生前、この寺の天筆如来様とご縁を頂き、ここまで来たので回向(死者の冥福を祈ること)をたまわりたい”とお上人に頼んできた。お上人は、あわてもせず座具をひいて念仏回向されました。お石は“今、お上人のご回向により迷いは覚め、仏さまのもとに参ります。私の足跡を残していきます”と言い、その姿を消したといわれています」(白川さん)

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
柴又帝釈天 「御前様」の後継者をめぐり騒動が勃発していた
ファンモンDJケミカル 1304年から続く寺を継ぐため1年修行
死んで腐った兄が帰ってくる話など怪奇幻想物語60編収録の書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP