ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「自分の弱さを認めて、そこから一歩踏み出す」経済学者が語る、夢のキャリアをつかむ方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私たちはなぜ夢を実現できないのでしょうか。そして、なぜ立派なキャリアを掴めず、そこそこで終わってしまうのでしょうか。

その問いの答えを、カナダのウォータールー大学、経済学教授のラリー・スミス氏がTED Talksで語ってくれました。どうすれば夢見ていた仕事ができるのか・・・彼が指摘することに、多くの人がギクッとさせられるはずです。

彼のスピーチをまとめると、

・情熱なくして、キャリアはつかめない
ほとんどの人が立派なキャリアをつかめない理由は、情熱をかけて夢を追及しないから。

・行動しなかった人は、言い訳ばかりする
夢を実現できない人は、自分の勇気のなさを、他人や環境のせいにして言い訳をする。

・認めることで一歩踏み出そう
もしあれがあればなんて考えることは、あなたを苦しめるだけ。それもあなたの一部と、認めることが大切。

興味と情熱は違う
情熱なくしてキャリアはつかめない

今日お話したいのは「皆さんがなぜ立派なキャリアがつかめないか」ということです。そこそこのキャリアで良いという人もいるだろうけど、それを求めると失敗します。なぜなら、今はそこそこの仕事というものは減り、立派な仕事が増えてきているからです。

皆さんが立派なキャリアをつかめない一番の理由は、できもしないと諦めているからです。「立派なキャリアのためには、情熱をかけて、夢を追い求めなさい」と何度言われても、自分は普通の人間だから、面倒だから、失敗が怖いから…と、何かと理由をつけて行動をおこそうとはしません。スティーブ・ジョブズの有名なスピーチを見てもそうです。

そして、一生懸命に働けばそこそこのキャリアが手に入ると教わってきたため、そこそこのキャリアで終わるのです。働くこと自体は簡単ですが、立派なキャリアを手に入れるのは難しいことなのです。

Reference : Matthew G

情熱とは何でしょう。興味があるという人はいますが、それでは足りません。情熱と興味は違うものです。恋人を前にして「結婚してくれ!君に興味がある」なんて言えますか?それでは、絶対にうまくいきません。

他のものと比べようがないほど深く愛情を注げるもの、それほど興味をかきたてられるもの、それが情熱なのです。

たら、れば…
行動しなかった人は言い訳ばかりする

私たちには選択肢はいくらでもあります。その中から“運命的”に心が惹かれるものを探すことが大切です。持っている才能を最高の形で表現できなければ、そこそこの人生で終わってしまいます。

情熱はわずかに持ちながらも行動しなかった人が、言い訳をするのを何度も見てきました。「仕事を追い求めたい!でも人間関係が大切だし、家族や仲間を犠牲にできないから」「成功は単なる運に過ぎない。たまたま運に恵まれていなかっただけ」「成功する人たちは天才だ。自分はそこそこの秀才だ」「成功する人たちはクレイジーだけど、自分はいい人だ」などと言うのです。

そして、自分が大人になったとき、夢を追い求めようとする子どもの邪魔をするのです。お前にそれは難しいと言い、自分が夢を追わなかった理由はお前が生まれたからだよなどと言って相手のせいにします。

自分が夢を追った人間なら、「やってみなさい、私がやったように」と言えるけれど、行動していない人間はそう言えないのです。

Reference : Stephanie Sicore

ダメなことも認めよう
そこから初めて一歩踏み出せる

情熱を追い求める勇気がでない、かっこ悪くなりたくない、失敗が怖い。夢を追わなかった理由はさまざまあるかもしれませんが、それがあなたという人間なのです。

立派なキャリアを掴めなかったとき、『ただし』あれさえあれば、あの時やっていたら」と過去を振り返っても、苦しくなるだけです。この『ただし』という言葉を、未来に向けて何かを期待させる言葉として使っていきたいですね。例えば、「皆さんがなぜ立派なキャリアをつかめないかその理由をお話しました。ただし…なら話が別ですがね。」と。

ありがとうございました。

 Reference:TED Talks

関連記事リンク(外部サイト)

「キャリアアップを考えて、仕事を選ぶな」副大統領のスピーチライターが語る、働く上で大切な「3つのコト」
「人生は耐えるものでなく、楽しむもの」。幸せのために、いますぐ捨てるべき「15の習慣」
「モノ」ではなく「経験」にお金を使う人の方が、幸せな3つのワケ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP