ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンコール遺跡の夕暮れを、プノン・バケン寺院にて過ごしてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界中から毎年約200万人が集まる、カンボジア北西部にある世界遺産アンコール遺跡群。

おおよそ9世紀から15世紀に掛けて繁栄したクメール王国(現在のカンボジアはこの流れをくむ)にて、全盛期にアンコールに首都が置かれました。

このアンコール一帯には、アンコールワット、アンコールトム、バイヨンといった数々の壮大な遺跡が残っています。面白い点は、遺跡群の中にはヒンドゥー教と仏教寺院が混じっているところです。

これは当初ヒンドゥー教が国教であったものの、途中で仏教が伝承し、時には仏教を信仰する王様も現れ、両方の宗教が共存していきました。こうした背景を元に、アンコールには両宗教の建造物が混在していきました。

当時のクメール王国は非常に大きな力と富を持ち、当時世界で最大の都市であったと考えられています。そしてこのアンコール遺跡群は、今でも世界最大の宗教遺跡とされています。

この遺跡群の中でも有名なのが、クメール建築の傑作とされるヒンドゥー教寺院のアンコール・ワット。日中の観光客も多いですが、日が昇る際の、太陽とアンコールワットのシルエットが美しく、朝早くから人々が集まる場所です。

そして日の出時の絶景ポイントがアンコールワットであれば、夕暮れ時のベスト景観の1つとされるのがプノン・バケン寺院です。

この寺院もアンコール遺跡群の1つであり、9世紀末に建造されたヒンドゥー教と仏教の寺院です。アンコールワットから約1.5キロメートル、アンコールトムからは約400メートルの距離にある標高67メートルの丘の上に建っています。

遺跡自体も見どころ満載な重要な建造物跡ですが、それと同時にアンコール地域を360度綺麗に見渡せる絶好の場所となっています。

東方にはアンコールワット、西方向にはトンレサップ湖、またその間には熱帯雨林が所々に広がる風景は格別です。

もちろん、季節やその日の天候次第で、夕陽の見え方は違います。夕陽がオレンジ色に輝く場合もあれば、白い光を放ちながら沈む時もあります。

それでもムシムシとした暑さの中で、少し汗だくになり気味の遺跡巡りの後に、丘の上でほんの少し風を受けて大きく空気を吸い込みつつ、その日に時々の日が落ちゆく姿をぜひ楽しんで下さい。

なお、こちらの丘はふもとから徒歩でもアクセス可能ですが、少し特別感を味わいたい時には、象の背中に揺られながら、丘を登っていくこともできます。

アンコール遺跡を訪れる際には、アンコールワットでの日の出と共に、プノン・バケン寺院での日の入りもお見逃しなく!

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP