ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

頬が落ちそうになるほど美味しいフレンチトースト専門店『AMT CAFE』が人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハムエッグフレンチトースト
680円

東京のベッドタウンであり、住みたい街ランキングでいつも上位になる町、吉祥寺。つまりそれは、流行が生まれる場所ということになります。すでに吉祥寺の街で流行し、定番の料理として定着したのが、フレンチトースト専門店『AMT CAFE』のフレンチトースト。

ここのフレンチトーストは、まさに「こだわりの塊」ともいうべき、洗練された逸品。フレンチトーストは、注文を受けてから丁寧に鉄板で1枚1枚焼きます。いや、この店の場合、1枚1枚ではなく、1本1本というべきでしょうか。

フレンチトーストに使用しているパンが非常に細長く、まるでフランスパンをまるまる1本食べているかのような、贅沢な気分になるフレンチトーストなのです。

その長さは30センチ! 店舗のコメントによると「本場アメリカのフレンチトーストの思い出から30センチと超ロング」「アメリカントーストはNY発祥でもあり、アメリカではミルクトーストとも呼びます」とのこと。

注文してからじっくり焼くので、仕上がりまでちょっと時間がかかりますが、店内のカジュアルな雰囲気がストレスを感じさせません。ちなみに、付け合わせとしてにんじんのサラダを150円で追加しました。コーヒーが190円というのも、嬉しい価格じゃありませんか。

客が心配するポイントではないかもしれませんが、丁寧に時間をかけて料理を作るということは、お客さんの回転がやや遅くなるというもの。それなのにサイドメニューまで安く、フレンチトースト自体も安い。客としては大満足ですが、やや心配してしまった次第。

今回注文したフレンチトーストは、ハムと目玉焼きが豪快に盛られたタイプのもの。写真を見ればお分かりいただけると思いますが、そのボリューム、「ハムだけで650円とってもおかしくない量」と思えるレベル。

ハムはしっとりとしてて柔らかく、フレンチトーストの心地よい弾力と合わさり、甘さと塩分の融合によって見事なスイーツ(?)テイストを生み出していました。

驚いたのが、ニンジンのサラダ。キューンと心が引き締まるサワー感がたまりません! やさしいフレンチトーストの味に、一撃パンチをくらわせてくる、非常にアクセントのある味わい。何から何まで満足度の高いお店といえるでしょう。

AMT CAFE
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-1
時間: 10:30~21:00
休日: 無休

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/05/06/amt-cafe/
Via: AMT CAFE

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP