体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

極度の「心配症」の人が、あなたにどうしても知ってほしい「13のコト」

150415_anxiety-love

あの人に嫌われているんじゃないか?将来の仕事をどうしよう、いまの恋人で大丈夫なのかな…。

あなたの友だち、家族、恋人…に心配症の人はいないだろうか?いき過ぎれば不安障害という病気としてきちんとした治療を受けるべきだが、そこまでいかなくても、多くの人にとってはなんでもないことが気にかかったり、パニックに陥ったり。

心配な人は決して悪意があったり努力不足なのではなく、自分ではどうにもならないのだ。実際に心配をつねに抱えている人たちのことを分析したアメリカ人コラムニストが贈る、心配な人があなたに知ってほしい13のコト。まずはなにに心配を抱えているのか理解してあげることからはじめよう。

th_スクリーンショット 2015-05-06 10.23.16

 Reference : Jessica Polar , Life Of Pix

01.
心配症がすべてではなく
自分の一部だと知ってほしい

誰だって、自分の一部の性質だけでどんな人間か判断されるのは嫌なもの。心配だろうとなかろうと、その人個人を愛して評価することが大切です。

とても月並みなことに聞こえるかもしれませんが、実際に直面するとなかなか実行するのは難しい。こうしたメンタルヘルスの問題は、ひとたびレッテルが貼られてしまうと、イメージが固定してしまうものです。誰だって、複雑な内面を持っています。そのことを忘れないで。

02.
いつも気を張っているので
疲れやすい

経験したことのない人からは想像もつかないほど、心配は体力を奪います。心身に緊張を強いるからです。普通は気にも留めないようなことでも、不安な人にとっては辛いものなのです。毎日ハードな仕事をして、しかもいつ休みがあるかもわからない…。そんな状態です。心配な人に「もっとポジティブに」とか「生産的なことを考えろ」と言わないように。

03.
たくさんの刺激を受け続けるのは
難しい

いつも気を張っているため、刺激が多いと圧倒されてなにもできなくなってしまいます。心配な人は、身の回りの全てのものに気を配っています。雑音、動作、匂い、光、人、物、全てです。部屋の中でたくさんの人が話しているだけで、もう大混乱なのです。

普通なら楽しめる量の刺激でも、心配な人にとってはそうではありません。そういった場所に行くこともあるでしょうが、いつでも離れられるようにしておいてあげてください。

04.
心配になってしまうことに
理由はない

th_スクリーンショット 2015-05-05 18.41.10

Reference : Roxane Clediere , Unsplash

じつはその心配には、はっきりした理由や原因がないことをよく知っています。だからと言って、心配になることを止められるかは別の問題です。最悪のシナリオが、常に頭の中をぐるぐると巡ってしまうのです。

そんなことは起きないよ、だから大丈夫。そう言うのは簡単ですが、言われた方もそんなことはわかっています。それで解決するなら、ほとんどの人は悩んでいません。必要なのは、理解してくれることなのです。

05.
ちゃんと聞いて
気持ちや言葉を汲み取ってほしい

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。